【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

自分から別れたのにやり直したいと告げるときに考えたいポイント

自分から別れたのにやり直したいと告げる

人から身勝手と言われても関係ありません。

自分がしたいようにするのが人生ですし、一度しかない人生で後悔することは避けたいものです。

ですから、自分から別れたのに復縁を申し込むのはまったく悪いことではありません。

ただ、相手を傷つけてしまったのであればそのケアが必要ですし、周囲にひどい男と思われてしまう可能性もあります。

元カノの友達があんなヤツはやめた方が良いとアドバイスする可能性も高いです。

そのようなさまざまなリスクを乗り越えて、やり直すためのポイントをご紹介します。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

自分の素行を見直して頑張っている姿をアピールする

自分の素行を見直してアピールする
彼女と別れていた期間、遊んでいなかったか振り返ってください。

別れていた期間が短かった場合は、そんな暇がなかった可能性はあります。
ただ、ある程度期間が経ってしまっているのであれば、結構遊んでしまった可能性もあります。

それが噂として元カノの耳に届いていないか確認してください。
もしも遊んだことが漏れ伝わっている可能性がある場合、アプローチは慎重に行う必要があります。

少しおとなしくしている期間を設ける、何か別の没頭できることで頑張っている姿を周りにアピールするなどが必要です。

別れた時の彼女の反応を思い返す

別にいいよ、とあっさり別れた場合、もうこちらに対してなんの気持ちもない可能性があります。

その場合は自分がイメージしているような復縁シナリオとは変わってきます。
立場としては自分から別れた事実があり、なんだか上のようなイメージがあるのですが、どちらが言い出すのか時間の問題だった状況で別れたのであれば、立場はイーブンです。

その後彼女がすぐに別の誰かと付き合っている可能性もあります。
あっさり復縁できると考えないことです。

彼女が失恋のショックから立ち直っていない場合は復縁確率が高い

彼女が失恋のショックから立ち直っていない場合の復縁確率
今は立ち直っているのかどうか、知りたいものです。

もしもまだ失恋のショックから立ち直っていない場合、かなりの確率で復縁できます。

ただ、その場合簡単に復縁できて良かったと考えてはいけません。
一度傷つけてしまった事実に対して謝罪と反省の気持ちを持つことが大切です。

一度別れてしまった理由を説明する必要もありますし、復縁を決断した理由も納得してもらわないといけません。

間違っても戻ってきてやったぞ、嬉しいだろう、などと上から目線を持ってはいけません。

電話やメールを拒否していた

元カノからの連絡を受けきれていなかった可能性があります。
それが突然こちらの拒否設定を解除し、積極的に連絡を取り始めるのですから相手は混乱します。

好きに弄ばれていると感じる可能性もあります。
そのような誤解がないかどうか、慎重に連絡を行う必要があります。

拒否していたことを元カノが理解しているのかどうかを知ることも大切です。

最終的には気持ちをすべて伝えることが復縁成功のカギ

彼女に自分の気持ちを伝える
小手先よりも気持ちです。離れたけれど耐えられなかった、辛かった、自分から別れたのに復縁を申し込む理由はそこに尽きます。

その気持ちを嘘偽りなく伝えることが、復縁を成功させるための秘訣です。

別れた事実は消せませんし、別れたいと思ったことも事実です。

それでも「元カノしかダメなんだ」と強い意志を持つことが最大のポイントです。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

女性から追われるモテる男になる

女性から追われる「モテる男」になろう

女性にモテるにはどうしたら良いんですか?とよく聞かれるんですが、これはすごく簡単です。 女性から愛される男になれば良いのです。「いや、…

ページ上部へ戻る