【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

勢い余って彼女を振ることが後悔に繋がってしまったケースとは

勢い余って彼女を振って後悔

勢い余って彼女を振ることにして、後悔してしまったケースにはどんなものがあるのでしょうか?

恋愛はお互いの気持ちの問題で、結婚のような法的縛りも何もありません。

双方の合意があれば恋愛関係として付き合うことができ、どちらかの意思が違う方を向けば破局します。

気持ちが左右する要素が大部分なので、一時的な感情で勢い余って別れてしまうこともあります。

彼女を振ることによって後悔してしまった例を知ることで、しっかりと2人の関係を見つめ直すきっかけになります。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

他の女性と付き合おうとして振ってしまった

他の女性と付き合う為に彼女を振った
深く考えずに他人を選ぶと後悔することが多いのです。

他にいい人ができてそれまでの彼女を振る例はよくあります。

後悔してしまうケースとしては、振った元カノの方がやはり自分に合う存在だったことが後からわかった例です。

別れる際に新しい彼女の存在を出してしまっていると、当然復縁の難易度が上がります。

一度捨てられた自覚がある元カノは、そう簡単に復縁に応じなくなります。

結果新しい彼女とも元カノともうまくいかなくなってしまい、後悔だけが残るパターンに陥ることが多くなります。

ケンカの末に別れてしまった

彼女と喧嘩して別れた
まだリカバリーできる可能性が高いパターンです。

仲の良い恋人同士ほどよくケンカをします。

ケンカをすることでお互いの関係を深める側面が確実にあり、一時的に口を聞かないなどの状態に陥ってしまったとしても、時間が経てば元通りになる例はとてもたくさんあります。

ですが、そのようなケンカがエスカレートしてしまって、勢い余って別れに発展してしまうケースがあります。

ケンカの延長線上にある別れですから、早期であればどちらかが謝罪して元通り復縁することも容易です。

ただし、あまり期間が空きすぎると相手の恋愛に対する感情が冷めてしまうことがあり、復縁の難易度が上がります。

意地を張らずに早く謝っておけば後悔しなかったケースです。

彼女が浮気していると思い込んで振るケース

彼女が浮気していると思ってしまった
彼女が浮気をしている確証がないのに別れてしまい、後悔するパターンもよくあります。

彼女の行動を疑わしく感じ、他の男性の存在を決めつけてしまう例です。

彼女に浮気をしているだろうと直接詰め寄ることが多く、彼女も不快な気持ちになります。

本当に浮気しているケースもありますが、多くは男性側の思い過ごしで、振ってから後悔することになるのです。

彼女を束縛している人に多い破局のパターンになります。

短気な人、感情の起伏が激しい人は要注意

一般的に女性より男性の方が、勘違いで怒ってしまったり、思い込みで誤った選択をすることが多いのです。

彼女にしてみれば別れの宣告がまったく予想外のものである可能性もあります。

一旦落ち着いて考えるクセを付けることで、後悔しない選択をすることができますし、彼女の考えや意見をしっかりと聞いて判断することもできます。

勢いに任せた恋愛の決断は、あまり良い結果を生まないことが多いのです。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

女性心理復縁テクニック

女性心理を活用した復縁テクニック初級編

復縁を成功させるためには、女性の心理を知っておくことが大切です。 そもそも、男性と女性は考え方が全く違うため、男性自身「良かれ」と…

ページ上部へ戻る