【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

子供あり夫婦の離婚と復縁

子供有り夫婦の復縁と離婚

一言で離婚・復縁といっても、子供のいる夫婦といない夫婦では、深刻さの度合いが違ってきます。

男性側からすると、復縁に際しては、子供がいたほうが上手く復縁話を運びやすいと思いがちですが、そう単純なものではありません。

確かに、女性一人で子供を育てるのは大変ですし、子供が父親に会いたいとせがんで母親を困らせることもあるでしょう。そういう点では、子は鎹(かすがい)といえるかもしれません。

ただ、逆にいうと、女手一つで育てていく大変さなど、元妻にも当然最初から分かっていたはずです。子供には両親そろっていたほうが良いということも、考慮したはずですね?

ということは、子持ち夫婦の離婚は、そういう点を考え尽くしても、「無理だ」と思った結果なのです。

つまり、よほどのことがなければ、子供のため、と我慢するところを踏み切ったのですから、「よほどのこと」があったということです。

そう考えると、子供のいない夫婦の離婚より、元妻からの本当の信頼は得にくい、と覚悟しておくべきだとも言えます。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

子はカスガイ?

子はカスガイか?
では、子供の存在が離婚した夫婦を結びつけるのに全く力を持たないかというと、そういうわけではありません。

いかに覚悟して離婚に踏み切ったとはいえ、実生活は予想通りには運びません。

シングルマザーとなると、たいていの場合、経済的にも楽ではありませんが、それよりつらいのは、余程恵まれた環境がない限り、離婚すると子供と過ごす時間が減ってしまうという事実です。

特に、実家に頼らず働きながらシングルマザーとなることを選択した場合、仕事に時間を取られ、子育てに時間をかけられなくなります。

子供が既に大きければ、家事などを分担してくれるケースも多くなりますが、まだ小さい場合はそうもいきません。保育所などを利用するにしても、愚図られるとつらいものです。

子供を復縁の道具にしない!

子供を復縁の道具にしないで
だからといって、下手にそうした心のすきに付け入るのは禁物です。

子供のためにやり直さないか、というようなセリフは、効果があるようで、実はないのです。何故なら、子供のために父親が必要なら再婚すれば良い、と思わせてしまうからですね。

あなたがしなければならないのは、「あなたとやり直す」ことを提案することであって、そこに子供の存在を利用すると、元妻が頑なになってしまう可能性があります。そこは間違わないようにしましょう。

新彼の存在にぐらつくな!

新しい彼の存在にぐらつくな
逆に、元妻が別の男性と交際を始めたからといって、決して焦る必要はありません。

実際の復縁カップルで意外に多いのが、元妻に新しい恋人ができたことがきっかけで、元の夫と復縁するケースです。これはたいていの場合、再婚を具体的に意識しだすと、子供の存在が前面に出てくるからです。

具体的に話がでるまでは、ある程度楽観視しているものですが、実際に子供の反応をみると、考え方も変わってきます。したがって、例え、元妻に恋人ができても、そんなに焦る必要はないのです。

大切なのは、あくまでもあなたと元妻との関係性です。そこを根本的に修正しなければ、子はカスガイにも切り札にもなりません。

お間違えなきように。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

復縁に関わる女性心理学的な気持ち

復縁に深く関わる心理学的な女性の気持ちとは

女性が復縁を希望する気持ちは、心理学的に説明できるのでしょうか? もしも元カノの気持ちを心理学的に解明することができれば、復縁の難易度…

ページ上部へ戻る