【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

復縁するか迷っているなら自分への問いかけを

復縁するか迷っている場合

迷っている、心が苦しいですよね。

復縁を迷っている人の多くは、復縁ができる可能性と、自分の気持ちが耐えられるか否かの狭間で苦しんでいる人たちばかりです。

別れ方によっては、復縁の可能性が明らかに少ない場合もあります。しかし自分の感情が抑えきれずに苦しいのですね。

今回は、復縁をするか迷っている場合どのように自分の気持ちを処理して行くかについてお話ししたいと思います。

諦めようと感じる時は諦め切れない時

復縁しようか迷う場合

人間が諦めようと思う時は、深層心理の中で「諦め切れない」と思っている時です。

実際、復縁は無理だと諦めてしまった場合、既に自分の中で終わっていることですので、「諦めよう」などとは思いません。すでに何も感じない自分に変わっているはずなのです。

ですが、「復縁しようかな、どうしようかな」と考えてしまうという事は、本当は復縁を望んでいる証拠です。

「迷っている心=諦め切れない気持ち」この気持ちを自分でしっかりと受け止めて、これからの行動を決めなくてはいけません。

やらないで悔やむならやって悔やめ

復縁はやってから悔やもう

昔の人はよく言ったものです。「やらないで悔やむなら、やって悔やみなさい」と。

貴方もこの言葉を、両親や先生などに言われた経験があるかもしれません。恋愛において一番後悔が残るのは、何も行動を起こさなかった時です。

例えば、貴方があと1通メールをしていたら彼女の気持ちが動いたのかもしれない。あと1回電話をかけていたら彼女は前向きに考えてくれていたのかもしれない。と思う事こそが一番の後悔だとは思いませんか?

生きていく上でいかなることにも共通して言えることですが、自分の行動できる事を控えてしまった時に起きる後悔は一生残るものです。

もし、貴方が精一杯自分が出来るだけの行動を起こしたとして、それが復縁成功に繋がらなかったとしても、行動を起こさなかった自分より一歩前に進んでいることになりますね。

復縁が成功しなくても、自分が成長できる恋をしたいと思うなら、やらないで悔やむより、やって悔やむつもりで行きましょう。

あたって砕けろ”くらいの気持ちでいることが復縁にはちょうど良いのです。

最後は自分の気持ち次第

復縁の選択肢は自分の気持ち次第

復縁をしようか悩んでいる時は、自分に問いかけて見ることも必要になります。

例えば、彼女と復縁したいのは、彼女と別れた事の事実が辛いから取り戻したいだけなのか?それとも自分にとって彼女がほかの誰よりも必要でどうしても彼女じゃなくてはダメなのか?

これらのことをもう一度考えてみる必要があります。

別れた直後は、自分でも心を冷静に保つことができません。そして、自分の本心すらわからなくなることも多いのです。

彼女と別れた事実が受け止め切れないからという理由で、復縁を望むのは好ましくありません。それは手に入るまでの間のプロセスを楽しんでいるだけに過ぎないからです。

復縁を迷っている時は、彼女とのこれからをしっかりと考えて行けるかどうか?自分の心に自分でもう一度聞いてみてください。

まとめ:自分と相手の関係を見極める

復縁は自分と相手の関係を見極めること

人間の心は、複雑で時に自分の気持ちが全く見えなくなってしまうです。

特に大切な人との別れを経験すると、目の前が突然暗くなったような気持ちになったり、抑えようのない悲しみや、怒りと言う負の感情が溢れてしまいますね。

人は負の感情に囚われると、自分の精神が不安定になり、正い判断ができなくなってしまうのです。

しかしそれでも復縁を望む場合、どんな時でも冷静に、自分と相手の関係を見極める必要があります。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女と自分から別れたのに後悔、そんな時の復縁方法

その人の大切さって、別れた後で気がつくことが多いんですよね。 一緒にいると見えなかった暖かさが、離れると身にしみてしまう、特に男性にそ…

ページ上部へ戻る