【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

別居していた妻と復縁する為にやった3つのこと

別居妻と復縁するために

妻が家を出て行き、別居中となってしまうと、大きな悩みを抱え込んでしまいます。

もしかすると、妻は離婚を望んでいるかもしれません。

夫であるあなたとしては、再び同居したいと考えているとき、どうすれば復縁できるでしょう?価値観の不一致など、根が深い原因で別居に至った場合は、何から始めてよいか見通しがつきませんよね。

ここでは、別居していた妻と復縁するために実際にしたことを紹介します。

夫婦としてのやり直しのきっかけをつかむ計画を、まず立てましょう。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

マメに連絡をとる

マメに連絡をとる
妻とは、マメに連絡を取りあうように心がけました。

連絡が少なければ、何をしているのかがわからなくて、不安になると妻に何度も言われたからです。

男性よりも、女性は「ホウレンソウ」を頻繁に求める傾向があります。ホウレンソウとは、報告・連絡・相談の略のことです。

自分が必要と思っている以上に、マメに電話やメールを妻に対してする必要があります。気が向いたときだけ、連絡することは、女性に嫌われます。

連絡の内容は、今どういう状況で、どういう心境なのかを伝えることが好ましいです。しつこい、と言われたらその時に初めて連絡する頻度を落とすくらいのつもりでよいです。

気持ちを具体的に伝える

気持ちを具体的に伝える
愛していると言葉で伝えられること自体は、女性は嫌いではありません。

しかし、愛しているという言葉だけを何度も言われても、口先だけであると思われてしまい、素直に受け止めてもらえないこともあります。

別居にまで至ってしまったので、なおさらその言葉に対して疑い深くなってしまいます。

また、何をされると、愛しているという気持ちが伝わるかは、人によって異なります。これを知るには手探り状態から始めるしかありません。

妻の反応を観察するためにも、できるだけ具体的に気持ちを伝えて、その言葉に対して嬉しそうにしているのか、嫌がっているのかを観察します。

漠然と、気持ちを伝えるのではなく、妻のどういうところが好きなのか、理由を含めて話すことが大切です。

妻が一番喜ぶ方法で、愛しているという気持ちを、理解されるように伝えましょう。

生活費と養育費はきちんと送金し続ける

生活費を送金
女性は金銭面の管理については、男性が思っている以上に厳しめに見ています。

婚姻とは経済的な契約の一種であるということを、男性の方が軽視している傾向があります。一度でも生活費や子どもの養育費の送金を忘れてはいけません。不信感を持たれてしまいます。

金銭面の管理をしっかりしておくと、妻がよっぽど経済力のあるタイプでない限り、いつか自然に自分の元に帰ってきます。

最初はお金目当てで帰ってくるかもしれません。たとえ、きっかけがお金であっても、一度帰ってきてもらうことができれば、復縁の可能性は上がります。

まとめ

別居妻復縁まとめ
別居していた妻と復縁する為にやったことを3つ紹介してきました。

  1. マメに連絡をとる
  2. 気持ちを具体的に伝える
  3. 生活費と養育費はきちんと送金し続ける

の3つです。

取り入れられそうなことがあれば実践して、まずは復縁のきっかけをつかみましょう。

こちらの言いたいことを妻が理解してくれることと、生活の基盤はしっかりしているということがアピールできればよいのです。

挙げさせていただいた3つが自然にできるようになると、復縁後にも、妻との信頼関係がより強いものとなります。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女が別れを考える時のパターン

彼女が別れを考えるときのパターンとは

付き合っている彼女が別れを考えるときにはどのようなパターンがあるのでしょうか? 結婚とは違い、恋愛関係には責任がないため、どちらかが別…

ページ上部へ戻る