【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

秀逸!これが復縁メールテクニックの初級編

復縁のきっかけになる連絡手段の多くが、メールです。

後から何度も読み直すことができるので、自分の気持ちを伝えるのに最適のツールだといえます。

しかし、どうやってメールを書いたら良いのか迷う人も多いのではないでしょうか。

今回は、無事に復縁するためのメールテクニックについてお話します。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

まずは軽いジャブから

軽い復縁メール
復縁メールで大切なポイントは、相手に「重い」「しつこい」と思われないようにすることです。

相手に対していろいろな想いが沸き上がってくると思いますが、始めは近況を尋ねる程度にとどめてください。

まずは自分の気持ちを抑えて、次のような内容にすると効果的です。

メール例

  • A「最近、どうしている?」「仕事は順調?」
  • B「なんとなく懐かしくなって、メールした。」
  • C「ふとあなたのことを思い出して」

Bのように、「ふと」「なんとなく」をキーワードにするようにしましょう。

デートで一緒に行った場所・2人の共通の思い出になっている映画などを話題にするのも、相手の心を揺さぶります。

メールだけではなく、LINEを使うのもお勧めです。

ただ、あまりにも軽い印象を与えても良くないので、スタンプや内容には配慮するようにしましょう。

メールを送る時間帯に配慮する

メールを送る男性と時間

目安としては、一般常識として許容される範囲内での時間帯です。

例えば、夜中の2時にメールを送るのは、マナー面でもあまり良い印象を与えません。

それだけではなく、深夜に悩みながら作ったメールは感傷に浸った重めのメールになりがちです。文章の量も長くなってしまうことが多いので、相手の負担になってしまいます。

もちろん、相手が忙しいことが予測できる出勤前の時間帯も避けましょう。どんなに秀逸なメール内容でも、相手に「非常識だな」と思われれば逆効果です。

深夜や早朝のメールは相手に読み流されることも多いので、ゆっくりと読める時間帯に送るようにして下さい。

返信を急かさない

メール返信を急がない男性
返信がなかなか戻ってこない時、催促のメールを何度も出すのは復縁の妨げになってしまいます。

喧嘩別れした場合や別れてから時間が経っている場合、メールを受け取った時に戸惑いがあるはずです。

例えば、次のような内容を付け加えて、相手の返信を気長に待っている姿勢を伝えましょう。

メール例

  • (a)「突然、メールしてごめん」「いきなり連絡してびっくりさせたかな?」
  • (b)「返信はいつでもいいので、気長に待ってます。」「このメールを読んでくれているだけで嬉しい。」

(a)のように相手の不安な感情を先回りして、代弁してあげることも大切です。

そして、(b)のように気長に待っている姿勢を伝えたにも関わらず、「やっぱり一言でも連絡下さい」と急かすのはNGです。

あまりにも返信が遅い場合のみ、時間を空けて軽めのメールを送るようにしてみましょう。

この時も「なんで返信をくれないのか?」と、相手を責めるような言葉は使わないでください。

返信を気長に待っている余裕を見せることで、相手もメールを返信しやすくなります。

大人の爽やかさを大切に

いかがでしたか?相手に「大人の対応だな」と思わせることが、復縁メールテクニックの真髄です。

「重い」「長い」「しつこい」「余裕が無い」と思われてしまえば、復縁への道は遠のいてしまいます。

内心は返信が欲しかったり、何通も必死でメールを送りたいかもしれません。

復縁を実現するためにも、大人の余裕を見せるようにしましょう。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女が別れを考える時のパターン

彼女が別れを考えるときのパターンとは

付き合っている彼女が別れを考えるときにはどのようなパターンがあるのでしょうか? 結婚とは違い、恋愛関係には責任がないため、どちらかが別…

ページ上部へ戻る