【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元カノに会いたいとメールを送るのはアリ?ナシ?

元カノに会いたいメール有り無し

元カノと寄りを戻したいと考えた時、やはり一番最初に思いつくのが「会う」という行為でしょう。

直接会えば、貴方の気持ちもすんなりと聞き入れてもらえそうですし、話しも早い!

しかし、貴方がもしこの先彼女と寄りを戻したいと考えた時、「会う」という選択はとても危険なものになるのです。

なぜ、元カノに会いたいとメールするのはNGなのか。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

彼女と復縁したければ「会う」は危険

元カノ復縁で会うは危険
彼女にただ会いたいと思うのであれば、「会おう」というメールは送ってくださってOKです。

しかし、もしこの先、彼女と復縁したい、もう一度やり直したいという気持ちが少しでもある場合、「会う」という選択は慎重に決めなければなりません。

一度別れた彼女は、貴方との関係を必死で終わらせようとしています。

心の扉を閉じてしまっている状態なのですね。

そんな時、貴方から「会いたい」と迫られても、意地になって素直になれなかったり、いまさらそんな事を言われても・・と戸惑ったりして会うことを高確率で拒否してくるはずです。

そればかりか、会いたいと伝える貴方と連絡を取りたくないために、メール拒否や、着信拒否という行動に出てしまう場合もあるのです。

復縁は土台が大切

一度別れた彼女、いわゆる元カノともう一度会いたいと考えた時、貴方は元付き合っていた彼女なんだからすぐに会えるはずと軽く考えてはいませんか?

人の気持ちってそんなに簡単じゃないんですよね。

貴方がどんなに会いたいと考えても、相手はそうじゃないかもしれない。

俺が会いたいんだから、相手だって会いたいだろうと自分勝手に考える人は復縁には向きません。まずは、彼女の気持ちや、状況を一番に考えてあげる事が大切です。

自分だったらどう思うだろう。そう考えるだけでも違います。

復縁は土台が大切。じっくりと、しっかりと土台を作り上げてこそ、確実に復縁を成功する事ができるのです。

会いたいが危険に繋がるもう一つの理由

会いたいが危険につながる
貴方が彼女と会いたい理由はどんな事でしょう。男性の場合、下心がどうしてもあるのは女性としては百も承知です。

ですが、彼女と会うということは、復縁を踏まえて上で決めた事なのでしょうか?

復縁は、最初の付き合いと違い、責任が伴います。学生の頃ならまだしも、社会人になってからの復縁は「結婚」という二文字が付きまとうもの。

女性は、一度別れた人ともう一度お付き合いをしようと考えた時、どうしても結婚を意識すると言います。

貴方は、その覚悟を承知で彼女と復縁をしたいと考えていますか?

貴方が、なんだか寂しい、ちょっとだけ体の関係がもてたらいいなと下心があるうちは彼女とあう事は危険です。

男として一番面倒くさい「結婚」をちらつかされる可能性があるからです。

彼女とのこれからを真剣に考えてから「会う」という決断をすると言う事は、貴方の身を守る事にもつながるのです。

まとめ:元カノはあなたに執着していたから

元カノはあなたに執着していた
いかがでしたか?女性は、よく恋愛にクールだ。すぐに割り切り、違う男性と付き合うと言いますが、それはどうでしょう。

私は違うと思います。

次の恋愛に行かないと、忘れられないくらい男性に執着してしまうのです。

貴方が会うという決断をしたことで、自分の首を絞めないように、しっかりと考え、行動する事が大切です。

彼女に会いたいというメールを送る前に、本当にこれでいいか一度立ち止まって考えてみてくださいね。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元カノと復縁できない3つのケース

元カノとの復縁はそんなに難しいことではありません。 元カノとあなたは一度は恋人同士だったのですから、お互いのことを深く知っているでしょ…

ページ上部へ戻る