【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

既読にならない!これが元カノとLINEした結果

既読にならない元カノにLINEを送った結果

復縁しようと頑張ったけれど、いつまでも既読にならないのが元カノとLINEした結果。

これはとても精神的に重い結果です。lineはもはや生活になくてはならないツールですが、一方でLINE疲れのような事態を招くことが社会的に取り沙汰されています。

送ったメッセージを読んでくれたかどうかわかり、読んだのであれば今度はどうして返事をくれないのかと不安になってしまう。

これでは失恋のショックが倍増します。LINEを上手に使うコツを踏まえて対処法を説明します。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

ブロックチェックでケリを付ける

元カノのLINEブロックチェック
LINEはブロックされているかどうかを調べることができます。ブロックされてしまっているのであれば、もうどれだけLINEでメッセージを送っても無駄です。

いつまでも既読にならないメッセージ画面を見続けるよりも、答えを出してスッキリする方が健全です。

方法としてはスタンプをプレゼントします。この際、ブロックされた相手にはプレゼントできませんので、繋がっている状態なのかどうかがわかります。

ブロックされていないのであれば次の手段に移ります。

そもそも返信できる内容なのかどうか

返信できる内容でLINEを送っているか

「ねぇ」だとか「スタンプのみ」であるなど、返信のしようがないメッセージを送っていないでしょうか。

基本的にLINEは届いたメッセージの内容がスマホのホーム画面に表示されます。それで事足りている可能性もあります。

返事が欲しいあまり短期間に連続で意味のないメッセージを送ってしまっている可能性もあります。この場合はブロックされるリスクもあります。

会話のキャッチボールを意識したメッセージのやりとりを心がけてください。

ブロックではないが通知されない設定になっている

元カノのLINEがブロックじゃなく通知設定になっている場合

元カノが、気が向いた時しかみないようにしようと決めてしまっています。こうなってしまう原因は、送りすぎ、しつこいなどが挙げられます。

復縁したいのであれば、相手の気持ちに立って考えるのが基本です。自身の気持ちにだけ正直になっているから、相手が疲れてしまうと考えてください。

焦っても状況は変わりません。一呼吸置くようにしてください。

アプリを消す

LINEアプリを消す
一度LINEをやめてみてください。あまりに依存しすぎている可能性があります。なくても日常生活に支障はないのです。

元カノ以外ともLINEで連絡を取る場合は仕方がないのですが、仕事や学業などに影響してしまうほど、LINE依存は危険です。

元カノを気にするあまり、大切なことがおろそかになっていないかどうか確認してください。

所詮は携帯のやりとり

携帯のやりとりがすべてではありません。画面上の情報だけに左右されてはいけません。

それだけが人間関係ではないですし、便利なツールとして利用するはずが、既読にならないからといってあれこれ考えて行動するのは間違っています。

重要なことは会って直接話すものですし、文字や文章にはできない気持ち、言葉だけでは表現できない気持ちもあります。

既読にならないからといって、すべてが終わりではないと捉えることが大切です。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女が別れを考える時のパターン

彼女が別れを考えるときのパターンとは

付き合っている彼女が別れを考えるときにはどのようなパターンがあるのでしょうか? 結婚とは違い、恋愛関係には責任がないため、どちらかが別…

ページ上部へ戻る