【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元カノについついLINEを送ってしまう自分を止めたい

元カノについLINEを来るのを止めたい

終わった関係を引きずるのは良くありません。

別れたとはいえ、ついつい寂しくなって元カノにLINE等で連絡してしまう方は多いです。

ですが、関係を取り戻せる可能性がないと思う場合、過去にすがるだけの悲しい行為になります。
それでも元カノが返事をくれる、あちらからも連絡をとってくる場合、どうしてもやめられません。

寂しさを紛らわすことができますし、自分のこともある程度わかってくれている相手であることも理由のひとつです。

ただ、次の恋愛に向けて前進するのか、元カノと復縁するのかは、はっきりさせた方が良いことです。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

気持ちを断ち切るポイントとは

寂しいと感じる気持ちが、無益な連絡を生み出しています。

それまで彼女にベッタリだったと自覚するのであれば、友達や仲間と接する機会を増やすなどが有効です。

復縁がないと考える場合は、新しい恋を探すのも重要です。
元カノだけに視野が狭まっている可能性があります。
もっと魅力的な相手、自分にふさわしい相手がどこかにいます。

また、一旦恋愛から離れて見るのも大切なことです。自分はひとりではないと考えることで、気持ちをうまく断ち切ることができます。

相手の方からLINEが頻繁に来る場合

彼女からLINEが頻繁に来る場合
相手がどうしたいのかをハッキリ聞いてください。
元カノも寂しさから、こちらに連絡してきていることも考えられます。

別れた原因がなんであれ、一旦は別れた事実を相手に自覚してもらう必要があります。
こちらにもう気持ちがない場合は、ブロックしてしまうのも手です。

逆に気持ちが残っていて、また関係を作りたい場合は、相手の反応を見つつ、別れたている事を1度ハッキリと伝えることが大切です。

新しい恋を探している場合は、返事をする必要はありません。
既読にする必要もありません。
それで相手に意志表示できることにもなります。

元カノがLINEを既読にしてくれない場合

既読にならない、どうしたんだろうと気になってしまう場合、相手にブロックされていないか確認した方がスッキリします。

届かない相手に送信し続ける意味はありません。終わったのであれば終わったと、はっきりさせる方が自分の今後のためです。

プロックの確認方法は簡単です。何かスタンプをプレゼントすることです。
ブロックされた相手にはプレゼント送信ができません。

もしもそれで相手にブロックされていることが判明したら、それはいい機会です。次に向かって気持ちを切り替えてください。

それでもどうしても忘れられない場合

どうしても元カノが忘れられない場合
自分にとって相手と復縁した方が絶対に良いと思う場合、復縁に向けてアプローチするしかありません。

誰がなんと言おうと元カノしかいないと確信しているのであれば、再度告白するのが一番良いことです。
一旦忘れようとしてできなかった、その経緯が大切です。

付き合った方が良い相手なのか、別れた方が良い相手なのかは、自分にしかわかりません。誰に相談しても明確な答えは出ません。

最後は自分自身が決めることです。
元カノとLINEをダラダラ続ける状況ではなく、自分が本当に望む形に関係を進める決断をしてください。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女と自分から別れたのに後悔、そんな時の復縁方法

その人の大切さって、別れた後で気がつくことが多いんですよね。 一緒にいると見えなかった暖かさが、離れると身にしみてしまう、特に男性にそ…

ページ上部へ戻る