【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

復縁成功の可能性が低くなる行動とってませんか?

復縁成功率を低くする行動

気づいたら週に数回連絡・・・
フェイスブックで弱音を書いたり・・
共通の友達に相談・・。

復縁していという思いに駆られて、こんな行動取っていませんか?

復縁を考えている方たちは、皆、復縁を成功させたいと思っています。復縁という行為は、自分の気持ちだけではどうにもならないことが多いのも事実です。

復縁には、いくつかやってはいけない行動という物があります。復縁はとてもデリケートな事ですので、間違った行動を知らないうちにとっていて取り返しの付かない事になることもあります。

今回は、そんな復縁の可能性を低くする行動についてお話ししていきたいと思います。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

1.しつこく連絡を取る

しつこく連絡を取る
相手に気持ちが残ってしまっている場合、何とかして相手の気持ちを引き寄せたいと自分の気持ちばかりを、メールや電話でぶつけてしまう方がいます。

しかし、復縁において、その行動は絶対にしてはいけない行為なのです。

別れた直後は、相手も冷静に考える時間が必要です。相手の心の内は「しばらくほっておいて欲しい」が本音です。

そこにしつこく連絡を取ったらどうなるでしょうか。冷静になる時間も与えられないまま、急かされるように復縁を迫られたら相手は逃げ腰になってしまうだけです。

もし連絡を取る場合は、メールなら100文字以内、電話は要件だけにし、10分以内で貴方から会話を終わらせるように心がけましょう。

2.ツイッターや、SNSで自分の弱音を吐く行為

ツイッターやSNSで弱音をはく
恋人関係だった2人ですから、ツイッターで繋がっていたり、共通のSNSに参加している場合もあると思います。

復縁の可能性を低くする行動の1つに、彼女に弱音のアピールをする人がいます。共通のSNSや、ツイッターでまだ繋がっている場合、相手に自分の辛さや苦しさを伝えようとわざと文章に残してアピールする人もいます。

しかし、これは絶対にやめなければいけません。もし、その文章を相手が読んだらきっとすごく苦しくなってしまいます。こんなところで、2人だけの秘密や、2人だけの感情をぶちまけられて怒りを覚える人もいるかもしれません。

相手を悲しい気持ちにさせたり、不愉快な気持ちにさせたら、復縁の成功は絶対にありえません。

復縁には、自分の感情をぐっとこらえる強さも必要なのです。

3.共通の友達に相談

共通の友達に相談はNG
復縁において、共通の友達に相談するケースが実は多く見られる行動の1つなのです。実はこの行為、効果がありそうに見えて、復縁には間違った行為なのです。

共通の友達が、自分と同性の場合、彼女に相談しているうちにだんだんと彼女に好意を持ってしまい、友達と好きな人両方を一片になくしてしまうケースも少なくないからです。

復縁は、第三者が間に入ってどうにかなる問題ではないのです。

自分と相手という2人の間の問題を2人で解決し、そして気持ちを手繰り寄せていく行為です。

友達に相談する時は、自分の気持ちを整理したい時に少しだけ愚痴の聞き役に回ってもらう程度と考えておいたほうが良いのです。

まとめ:焦りは禁物!

復縁は焦りは禁物
いかがでしたか?「復縁するためにやってはいけない、成功可能性を低くする行為」をご紹介しました。自分では良いと思ってやっている行動でも、彼女にとっては嫌な行為という場合もあるのです。

復縁をするにおいて「焦ったら負け」という言葉があります。

人の心を動かすためには、焦りは禁物です。

ゆっくりとじっくりと相手の冷たくなった心を溶かして、付き合っていた頃のような暖かい関係を取り戻せる事を祈っています。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女からメール返信が来ない理由7選

別れた後、彼女にメールを送っても返信が来なくなってしまうことはたびたびあります。 男性は、目で見た事でしか物事を捉えようとしません。そ…

ページ上部へ戻る