【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

時期を逃すと復縁が遠のく?元カノへの告白タイミング

告白タイミング

復縁に失敗する意外な原因として「元カノへの告白タイミングが間違っていること」があげられます。

元カノとよりを戻すには、告白タイミングが早すぎても、遅すぎてもいけません。

復縁にぴったりのタイミングで、元カノに告白することが大切なのです。

今回は、元カノとの復縁成功させる告白の時期についてお話します。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

秋~冬にかけて

クリスマスシーズンの告白
復縁にぴったりなのは、クリスマスシーズン前までです。

一見関係なさそうに思えますが、復縁のタイミングに季節は大いに関係があります。

例えば、4月で年度替わりとなって忙しい時期に「彼女と復縁したいな」とはあまり考えないのではないでしょうか。肌寒い季節になってくると、人恋しくなり「こんな時に恋人がいたらなぁ」と思ってしまうものです。

クリスマスシーズン前と限定したのは、クリスマス直前だと元カノに誤解を招くことがあるからです。

「クリスマスに誰も一緒に過ごす女がいないから誘ったんじゃないの?」
「私じゃなくて、誰でもいいのでは?」

と、あなたの復縁に対する想いが邪推されてしまいます。

ただ、クリスマスシーズンは彼女も寂しさを感じているので会ってもらいやすいタイミングではあります。この時期に復縁したい場合は、復縁に対する真剣さが伝わるように心がけましょう。

あなたの気持ちが最高に高まった瞬間

彼女の気持ち
「復縁したい」という気持ちが抑えきれないぐらいになった時、その時は告白のタイミングです。

彼女に「やり直してもいいよ」とOKをもらうには、彼女の感情を動かさないといけません。

この時のあなたの言葉にはウソ偽りはなく、元カノへの愛情であふれていることでしょう。どんなに良い言葉であっても、あなたの感情が乗っていないとただの「台詞」に聞こえてしまいます。

感情がグチャグチャになって、何を言っているかわからなくなるかもしれません。不器用な言葉になってしまう可能性だってあります。

けれども、あなたの素直な気持ちがハートに伝わるタイミングでもあります。

ただし、メールやLINEでは気持ちがきちんと伝わらない可能性があるので、少なくとも電話で話すようにして下さい。

彼女が落ち込んでいる時

彼女が落ち込んでいる
彼女が落ち込んでいる時や病気や怪我で入院した時は、告白のタイミングです。

ただし、このような時には「復縁したい」という気持ちは、いったん脇に置いておきましょう。

「元カノに弱みに付け込んでよりを戻そうという魂胆ね!」と思われれば、復縁できなくなってしまいます。

「友達の1人として心配」「困った時は助け合いだから」という人助けの精神や親切心で接するようにしましょう。

実際、落ち込んでいる時には誰かに頼りたくなるものです。困った時に支えになってくれたあなたの優しさや人柄に触れて、彼女も徐々にあなたへの気持ちが戻ってくるでしょう。

この時、アレコレと世話を焼きすぎるのはやめましょう。

「今は彼氏でもないのに」と嫌がられてしまう可能性があるので、友人としての範囲にとどめておいてください。

空気を読む力は大切

空気や雰囲気を読む
一番大切なのは、彼女のペースに合わせた行動を心がけることです。

彼女が明らかに嫌がっているのに押してばかりでは、「この人は空気が読めないのね」と元カノの気持ちは余計に冷めてしまいます。

恋愛は、職場の人間関係や友人とのコミュニケーションと同じです。

空気を読んで、相手の嫌がることはしない人間関係の基本を守るようにして下さい。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

復縁成功率を低くする行動

復縁成功の可能性が低くなる行動とってませんか?

気づいたら週に数回連絡・・・ フェイスブックで弱音を書いたり・・ 共通の友達に相談・・。 復縁していという思いに駆られて、こんな行…

ページ上部へ戻る