【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元カノと復縁できる最適な期間はあるのか

元カノと復縁できる最適な期間

基本的に時間が経てば経つほど復縁の可能性は下がります。

復縁を考える方、また復縁したいと思い立った方は、その時点でそく行動に移すのが一番良いです。

ただし例外もあります。相手にわだかまりが残ったままである状態の場合です。このような時は逆に時間をおいた方が良いこともあります。

希望的観測で待ち続けるのは一番良くありません。どのようなパターンでも復縁の可能性が高いのは3ヶ月までです。

元カノの状況、別れた際の状況なども踏まえた最適な期間選択のポイントを解説します。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

振られた場合

振られてから1ヶ月はおいてください。理由にもよりますが、一方的に別れを告げられた場合、どうしても粘ります。

嫌だ嫌だと別れを拒み続ける行為が過剰になると、相手にとってはとてつもない負担です。

連絡も取れなくなりますし会うことできなくなる例が多いのですが、元カノにとっては別れを切り出してから当分の間はそのような重たい連絡をある程度覚悟しています。

何を言っても無駄な期間でもあります。一旦引いて、出直すのが一番いいのです。

こちらから振った場合

どのタイミングでも問題ありません。ただ、振ってからあまりにも期間が短いと、元カノが混乱してしまう可能性があります。

特に数日の間は精神的にも高ぶっている可能性があり、復縁の申し込みに対して激怒されてしまう可能性があります。

別れを告げた際の反応も加味して、あまりにも感情的な様子だった場合は、10日間ほどは期間をおいた方が無難です。

復縁が難しくなるのは3ヶ月以上

厳密に捉えると、別れても3ヶ月間はどっちつかずの状態です。別れたと口にしてはいても、実際はお互いに相手のことが頭から離れない場合が非常に多いです。

ですから、その期間内であればどうにかして復縁することができる可能性が高いのです。

1ヶ月も経過すればお互い冷静になっていますので、勝負を考えるのは別れてから2ヶ月目からが適しています。

付き合っていた期間も加味する

付き合いが長かった場合は復縁が成立できる期間も長くなります。失恋してから気持ちを引きずる期間が付き合っていた期間に比例するからです。

同棲していた場合はさらに長くなります。失恋によって生活環境が多少なりとも変化します。

しかし付き合っていた期間が長かったり同棲していたりした場合は、その変化の度合いが大きく、心休まるプライベートが一気に不安なものに変わります。

どうにか新しい生活を送ろうと考えるものの、どうしてもうまくいかないこともあり、お互いにもともとの恋人を求める傾向が強くなります。

一年以上経っても復縁できないわけではない

1年以上経過しても復縁できない理由

別の恋人を経由してまたモトサヤに収まる例も多々あります。

ただし、このようなケースではお互いにフリーになる期間が重なる必要がありますので、タイミングの問題であることも多いです。

チャンスを逃さないようにすることが大切ですし、元カノの状況をしっかりと見極めることが重要です。

どのような例でも、しっかりと行動して希望を叶える意志も大切です。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女からメール返信が来ない理由7選

別れた後、彼女にメールを送っても返信が来なくなってしまうことはたびたびあります。 男性は、目で見た事でしか物事を捉えようとしません。そ…

ページ上部へ戻る