【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

復縁から結婚に至った事例に学ぶ!

復縁から結婚に至った事例

復縁から一気に逆転して結婚に至るのは難しいことなのでしょうか?

実は失恋のショックから勢いをつけて、それまで考えもしなかった結婚が決まる事例がたくさんあります。

失恋で寂しい思いが増幅された2人がそれぞれ突然結婚に向かって考えを切り替え、結局元のサヤに収まった事例をいくつかご紹介します。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

お互いの年齢が結婚適齢期だった

お互いの年齢が結婚適齢期
20代後半から30歳を超えていると結婚はとてもリアルな問題です。

この時期の恋愛を、結婚相手を探すことができるかどうかの問題として捉えている人も少なからずいます。

特に女性は結婚に関して焦りがちで、長く付き合ってきた相手と破局してしまうと、新たにまた恋人を探さなければいけないと思うことが多いのです。

男性にとっては復縁の決定機としてプロポーズを利用すれば、別れた元カノを一気に取り戻すことができる可能性が高くなります。

彼女が結婚を強く望んでいた

彼女が結婚を強く望んでいた
別れた原因が、こちらがプロポーズしなかったからであることもあります。

彼女としては結婚を申し込んでほしかったのに、こちらがのらりくらりとかわしてしまっていた場合、彼女は寂しい気持ちを抱えたまま別れを決断しています。

別れる前の彼女の様子がどこかおかしかったと感じる場合、しっかりと将来の話ができていなかった可能性があります。

プロポーズこそが彼女が求めていたことだった場合、誠意を持って申し込めばすべて丸く収まる可能性があります。

相手の家族とも親しくしていた

すでに彼女の両親や家族を知っていた場合、あとは結婚を申し込むタイミングだけを考えれば良い状態だったはずです。

彼女を交えた家族間ではいつ結婚するのかと盛り上がっていた可能性があり、別れてしまったことを家族で残念がっている場合もあります。

恋愛は2人の問題ですが結婚は家族の問題でもありますので、別れた原因が解消できるのであれば、こちらからプロポーズすることで復縁することができる可能性が高いのです。

別れた頃よりも収入が上がった

付き合っている頃よりも経済的に豊かになった場合、改めて結婚を前提に付き合い直すことができる可能性が高くなります。

別れてからある程度期間が経過している場合、お互いの境遇も変わっているはずです。

特に男性の場合は仕事に邁進して出世するのはひとつの目標でもありますから、それが達成できたのであれば、再アプローチするチャンスです。

将来的なことをしっかり見据えることができるようになっていれば、元カノにとっても改めて考え直す意味があります。

結婚はゴールではない

結婚はゴールではない
結婚すればすべて円満に解決するわけではありません。

その先の人生にはさまざまなことが待っていますし、子どもを作って家族として乗り越えなければいけない困難もあります。

元カノとよりを戻したいがためのプロポーズではなく、将来を考えることができるのは元カノしかいないと考えることができるかどうかが問題です。

自分の意志だけでは成立しないことですので、相手の気持ちもしっかりと汲み取ってください。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女が別れを考える時のパターン

彼女が別れを考えるときのパターンとは

付き合っている彼女が別れを考えるときにはどのようなパターンがあるのでしょうか? 結婚とは違い、恋愛関係には責任がないため、どちらかが別…

ページ上部へ戻る