【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

どのくらいの冷却期間で相手とヨリを戻せるのか

どのくらいの冷却期間で相手とヨリが戻せるのか

付き合っている彼女と気まずくなってしまった、あるいはほとんど別れた状態になってしまっている場合には、冷却期間が必要なこともあります。

男女の仲は理屈だけでは成立しないもので、どれだけ説明されても、説得されても、簡単には気持ちの整理をつけることができません。

相手に対しての気持ちをうまく整理するために、ある程度の冷却期間をおいた方がいいケースが多々あるのです。

どのくらいの冷却期間をおけばいいのかは、ケースによってさまざまです。
陥ってしまった状況別に、どのくらいの冷却期間が必要かご紹介します。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

彼女が浮気をしてしまった場合の冷却期間

彼女が浮気をした場合の冷却期間
彼女が一時の過ちを犯してしまい、それをとても悔やんでいる場合、悔しい気持ちと彼女を許したい気持ちでこちらの心は揺れます。

彼女が浮気をカミングアウトするのは、もう別れてしまっても仕方がないと考えているからでもあり、対応を誤ると本当に別れに至ってしまう可能性があります。

まずは自分が冷静になることが大前提で、相手を責めてはいけません。
そして冷却期間は、長くても1週間程度にするべきです。

あまり長い間相手と距離をとり続けると、彼女が浮気相手のところに流れてしまう可能性が高くなります。

極力短い期間でこちらの考えをまとめてください。

こちらが浮気をした場合の冷却期間

こちらが浮気をした場合の冷却期間
こちらが彼女を裏切るようなことをしてしまった場合は、自分で冷却期間がどのくらいかを決められる状況ではありません。

彼女に主導権があり、こちらはただ謝罪して彼女に許してもらうしかありません。

彼女から「当分連絡をしないでほしい」と、冷却期間に突入することを宣告されることがありますが、この場合は「いつまで?」などと聞くべきではありません。

連絡しない間に、彼女が他の人と付き合ってしまうかもしれませんし、そのまま彼女との恋愛が終わる可能性もあります。

それでもまだ彼女と付き合いたいと考えている場合は、冷却期間中も彼女のことだけを思い続けるようにしてください。

彼女と激しいケンカをした場合の冷却期間

彼女と激しい喧嘩をした場合の冷却期間
どれだけ仲が良いカップルでもケンカをすることはあります。

ケンカの規模はさまざまですが、お互いに激しく傷つけあってしまうようなケンカだった場合、しっかりと冷却期間をおくことで破局防止に繋がります。

お互いの気持ちが傷つくようなケンカをした場合の冷却期間は1週間ほどが最適です。

それよりも長い期間だと、お互いに相手のことをどうでもいいと考えるようになってしまう可能性がありますので注意してください。

冷却期間は気持ちを盛り上げることができる

冷却期間で気持ちを盛り上げる
お互いに連絡を取らないことで、相手のことが恋しくなる現象が起こります。

相手を恋しいと感じる気持ちがあれば、どれだけケンカをしても、納得できないことがあっても、それを打ち消すことができます。

そのための冷却期間だと考えることが大切です。

冷却期間を設ける目的は、相手のことを好きだと再確認することにあります。

ただ時間を空ければ何でも解決するわけではないと認識しておいてください。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

復縁成功率を低くする行動

復縁成功の可能性が低くなる行動とってませんか?

気づいたら週に数回連絡・・・ フェイスブックで弱音を書いたり・・ 共通の友達に相談・・。 復縁していという思いに駆られて、こんな行…

ページ上部へ戻る