【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

もう1度付き合う前に、自分を見直せ

もう1度付き合う前に自分を見直す

復縁をしたいと思った時、一番最初にやらなくてはならないこと。それは自分を見直すことです。

元カノとの恋愛が別れに至った原因や、自分の過ちををしっかりと理解しておくことは、同じ失敗を繰り返さないためにもとても大切な事ですよね。

今回は、復縁の前に行いたい自分を見直す方法を一緒に考えて行きましょう。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

自分を見直す事が大切な理由とは!?

自分を見直す理由
復縁は、前の彼女ともう一度お付き合いすることと普通なら思ってしまいます。

しかし、復縁は前の彼女をもう一度手に入れる事ではなく、前の彼女と新しい恋愛を始めることなのです。

そのため、1回目に付き合っていた今の自分のままでは、新しい恋を始める事は不可能です。最初は久しぶりの刺激のために二人は楽しくお付き合いできるでしょう。

でも、中身が変わっていなければ、付き合いが長くなるにつれ、同じところで躓いてしまいます。

自分を見つめなおすことは、これからもう一度お付き合いする彼女を大切にし、ずっと先の未来まで一緒に居るためにとても必要なことなのです。

復縁は家と同じ!基礎固めが大切です。

復縁の基礎固め
復縁は、家を建てることに似ています。大工さんはよく冗談でこんなことを言うのです。

「焦って屋根から作ろうと思っても、土台が無ければ柱は立たない。柱が無ければ屋根は作れない」

とりあえず取り繕うように作った家はもろく、壊れやすいもの。だからしっかりと基礎固めをし、手を抜くなよという意味で使われる言葉です。

恋愛や、復縁も、これによく似ていませんか?目標ばかりに気をとられ、基礎固めをしっかりしないと建てた所で結局は、もろく壊れやすい物になってしまう。

元カノとの恋愛の失敗を反省せずに、形だけに拘り二人の関係を修復しようとすると、失敗しやすく、再び別れに至ってしまう場合があります。

自分は一体何が悪かったのか、そして今の自分には何が必要なのかをじっくりと考えること。そして、別れた後の元カノに今の自分は何をしてあげられるのかも同時に考えて見ましょう。

復縁の土台作りは、自分自身を省みることなのです。

具体的に自分を見直す方法はどうしたら良いのか

自分の見直し方
ただ自分が悪かったなと反省するだけでは、自分を変える事は難しいと言えます。具体的に、目で見ることで脳にインプットさせ、同じ間違いを起こさない策を練らなければ意味がないのです。

具体的に自分を見直す時にどうしたら良いのか、それは簡単です。1枚の大き目の紙をペンを用意します。

そして、真ん中に別れてしまった理由を思いつくまま書いてみましょう。

浮気であれば、「俺の軽い気持ちで浮気をしてしまった事が原因」と書きます。そしてそこには、どうして浮気をしてしまったのかという理由が必ずあるはずです。

例えば、「元カノとのマンネリが原因でついつい他の女性に目がいってしまった」などがそれにあたります。

次に、元カノと何故マンネリになってしまったのかの原因の追究に取り掛かります。こういう風に、別れた理由から派生した色々な問題が紙に書くことにより明確になっていきます。

1つ1つの解決策を見つけることが、自らの反省を促し、次に繋げるきっかけ作りにも役立ってくれるのですね!

さいごに

いかがでしたか?今回は、復縁前にしておきたい自分を見直す方法についてお話をして行きました。

復縁は、戦略や作戦をじっくりと練って行動した方が成功しやすくなります。焦る気持ちを少しだけ我慢して、自分の弱点をあぶりだしましょう。

そうすることで、復縁が成功した場合元カノとより長く、より楽しいお付き合いができるようになるのです。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

女性から追われるモテる男になる

女性から追われる「モテる男」になろう

女性にモテるにはどうしたら良いんですか?とよく聞かれるんですが、これはすごく簡単です。 女性から愛される男になれば良いのです。「いや、…

ページ上部へ戻る