【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

復縁したいけれど相手が自分を好きかどうかわからない

復縁したけど相手が好きか分からない

怖がってばかりいても状況は変わりません。

相手が自分のことを好きかどうかわからない状態で復縁を申し込んでも、また傷つくだけかもしれないと考える気持ちは分かります。

ただ、恋愛関係などは2人の気持ちに左右される問題です。

そして人の気持ちはずっと一定ではありません。

さまざまな要因で変わってしまうものですし、言葉ひとつで変えることも可能なものです。

相手の気持ちを探りながら、こちらに振り向いてもらえるかどうかを測る方法を解説します。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

復縁したい相手と連絡が取れるのが前提

連絡が取れない相手とは駆け引きが発生しません。

そして、現代のような社会環境では連絡が取れないのにずっと好きでいることなどほぼありません。

つまり、復縁したい元カノと連絡が取れない状態であるなら、その時点で自分を好きでいてくれるわけではありません。

復縁まではかなり距離がある状態です。
まずはいつでも連絡が取れるようにすることが第一歩です。

他の男の話をしてくる場合

少し微妙な状態です。
通常、女性は好意を持っている相手に対してネガティブなことを伝えません。

男友達の話や、他の人にアプローチされている状況などは隠し通します。

それを何もためらわずこちらに伝えてしまう状態は、元彼であるこちらのことを男性として見ていない可能性があります。

男と遊んだ話、気になる男性がいるなどの話がコミュニケーション上頻繁に発生する場合は、復縁には遠いです。

フリーであることを強調する

これは早くアプローチして欲しいとサインを送ってきていることになります。

彼に対してフリーだと言う、元彼に対して誰か良い人いないかなと言う場合、いつでも復縁の申し出を待っているとアピールしている状態であることが多いのです。

そのような言動をキャッチした瞬間にすぐ誘うなど、行動に移すことで高い確率で復縁を実現できることになります。

好きとか嫌いの次元ではない

復縁は好き嫌いの次元では無い

過去に付き合っていた経緯があるのですから、好きとか嫌いを超えた理解者になっている可能性もあります。

お互いの良いところ、悪いところを知っていて、人間として深い理解がある状態です。そのような状態で改めて好きと伝えるのは恥ずかしいと感じている女性もいます。

あえて言葉に出さないだけで、好きでいてくれている可能性もあります。

特に何も気兼ねなく連絡が取れて会える場合は、こちらの一言次第で関係を確定させることができる状態です。

別れたことを度々持ち出す

別れた時の事をたびたび持ち出してくる場合は、「反省しろ」と言いたいのです。

ただし、嫌われてはいません。別れてしまった原因があって、その部分は人として改善して欲しいとアピールしています。

それに応えることができないのであれば、復縁は難しいのですが、逆に言えば問題と感じている点を直して、また付き合いたいと言われているようなものです。

とにかく気持ちを伝えてみる

彼女の行動パターンと反応を確認して脈ありだと感じたら、気持ちを伝えてみることです。

付き合うのが2回目なのですから、最初の関係のように甘い言葉は不要です。

お互いのことを理解した状態で再スタートできるので、好きかどうかなどはあまり気にする必要がないのです。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女からメール返信が来ない理由7選

別れた後、彼女にメールを送っても返信が来なくなってしまうことはたびたびあります。 男性は、目で見た事でしか物事を捉えようとしません。そ…

ページ上部へ戻る