【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

好きじゃないと意地を張ってしまう自分に後悔

元カノに好きじゃないと意地を張って後悔する

恋愛は時にプライドの戦いです。

本来は勝ち負けではないのに、好きな人のことを好きじゃないと意地を張ってしまうこともあります。

特にお互い同じ友達グループに所属した仲間だった場合や、職場の同僚であるときは、周囲の目が気になります。

周囲の目を気にしすぎるあまり思っていないことを口走ってしまい、自身で状況を悪化させてしまうことがあります。

本当は復縁したいのに、意地を張ってしまうことで、復縁できない状態を自身で作り上げてしまうことがあります。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

別れて正解だったと周囲から言われる

別れて正解だったと周囲が言う

自身の気持ちと周囲の意見は関係ありません。失恋したことに対して周囲が評価するのは世の常ですし、どこにでもある光景です。

接する人のすべてが恋愛評論家です。この時だけは周りの好き勝手な意見に辟易する方も多いです。

モテるから大丈夫と決めつけられることもありますし、別れた方が良いと思っていたなど無責任な意見も飛び交います。

切り抜ける方法としては、今は考えたくないなど考えがまとまっていないことをアピールしてください。

周囲の同僚や友達は悩みを聞いてくれるとても頼もしい人たちであるはずです。

怒ったりするとその人間関係まで壊してしまうことになります。失恋に関しての話はしたくないことを強調して切り抜けてください。

ついつい振ったことを武勇伝として語ってしまう

彼女を振ったことを武勇伝として言う

友達はその話を聞きたくない可能性があります。恋愛にまつわる武勇伝は話のネタとしてはとてもおもしろいものなのですが、どれだけキツい振り方をしただとか、付き合っていた人を貶めるような内容の話は自身にとってマイナスイメージにしかなりません。

恋愛関係を精算した直後は気持ちが高ぶっているものですから、つい思ってもいないことが口から出てしまうこともあります。

一番良いのは何も言わないことです。終わった恋愛のことをネタにしないことです。

冷静になれていないことも多々ありますから、発言する前に一旦落ち着くクセをつけてください。

元カノからの連絡を蹴ってしまう

元カノへ連絡をとる
自身でも説明できない感情でつい辛く当ってしまうこともあります。本当は連絡がもらえて嬉しかったのに、意地を張ってもう二度と連絡するなと辛く当ってしまう状態です。

どのような心理状態なのかといえば、気持ちの整理が付いていないための自己防衛なのです。

怒ったり辛く当たったりするのではなく、ちょっと時間が欲しいなど冷静な対応をすることで将来復縁できる可能性を潰すことが回避されます。

人には優しくが基本

復縁のためには人に優しく

くだらないプライドで潰れてしまう可能性がたくさんあります。

どのような精神状態でも、人に感謝する気持ちがあれば意地を張る事態を回避できます。

人の悪口を言わない、整理できないことを無理やり言葉で定義しないことが大切です。付き合うことで自身を成長させてくれた相手、いつかまた恋愛関係になるかもしれない相手を尊重するところから初めてください。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

女性心理復縁テクニック

女性心理を活用した復縁テクニック初級編

復縁を成功させるためには、女性の心理を知っておくことが大切です。 そもそも、男性と女性は考え方が全く違うため、男性自身「良かれ」と…

ページ上部へ戻る