【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元カノとクリスマスを過ごすための誘い方のコツとは

元カノとクリスマスを過ごす誘うコツ

元カノとクリスマスを過ごすと聞くと、多くの方は顔をしかめます。

「別れたのにどうして?」、と疑問を持たれることがほとんどです。

ただ、復縁したいのであれば元カノとクリスマスを過ごすのはとても有効な手段です。

問題はやはり誘い方で、別れた以上は気軽に誘えないと感じるのは誰もが同じです。

ですから、より自然に、多くの恋人が共に過ごす記念日に約束を取り付ける方法が必要です。いくつかピックアップして解説します。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

友達を交えてパーティー

元カノをクリスマスに誘うには友達とパーティする

パーティーをすることで、その他大勢で気まずさを隠してしまう方法です。2人きりになることはハードルが高く、それは相手が乗ってこないからです。

一度別れた気まずさもありますし、なんといっても別れたときの重苦しさや悲しさ、寂しさがこちらに対して最後に抱いた印象です。

2人きりになると、辛く悲しい気持ちが蘇ってしまう可能性が高いのです。

だからこそ複数で集まるパーティーで、その気まずさを薄めるのが有効になります。仲を取り持ってくれる共通の知人がいればさらにベターです。

軽いノリでとりあえず誘ってみる

元カノをクリスマスに誘う

彼女とのやりとりが、重くなければ問題なくうまくいく可能性があります。

別れた際のシリアスで重苦しい雰囲気から、一転して明るく接することで誘いに応じやすくなります。

このときに復縁したいとチラつかせるのはNGです。

クリスマスに1人は寂しいし、他に誘う人もいないし、などの内容を茶化して伝えるのがコツです。

独り者同士だろうと、さりげなく元カノがフリーであることを探るのもポイントです。

腐れ縁だ、仕方ない、などあくまでも楽しく応じることができるように心がけてください。

元カノに新しい彼氏がいる場合

元カノに新しい彼氏がいる場合は別の日に

クリスマス当日は諦めてください。

奇跡的に新しい彼と元カノの予定が合わず、クリスマス当日のアポイントが取れる場合も、別れていない状態でクリスマスに会うのはマナーに反します。

ゆくゆくは略奪し直したいわけではあるものの、新しい彼に発覚した場合はトラブルに発展する可能性があります。

クリスマス当日ではない日に遊ぶ程度が最適です。その際にプレゼントを渡すのは支障ありません。

奇跡的に元カノから誘ってきた場合

元カノからクリスマスデートを誘われた場合
元カノから誘ってきた場合は朗報!即決で復縁できる可能性があります。

この状態に持ち込むためには日頃からある程度連絡を取っておき、向こうから誘いやすい土壌が整っている必要があります。

クリスマスは1人であること、暇であること、新しい恋愛展望もないことなど、事前情報を与えます。

つまり、元カノに対して誘えば絶対にOKが出る確信を与えておく仕込みになります。

やはりクリスマスは特別

男女にとってクリスマスは特別
クリスマスに男女が共に過ごすのは特別なことです。

まったく意識していない異性と過ごす方はほとんどいません。そのため、クリスマスに誘うことはすなわち気があると宣言するようなものです。

そしてそれに応じることはまんざらでもないことを意味します。復縁の目標がある場合これほど分かりやすいバロメーターはありません。

予定を変更してでも誘うべきです。もちろん失敗する可能性はあります。

ただし、誘うだけでも元カノの中でクリスマスに誘われたと記憶が残ります。

それだけで、後々の展開が変わるものです。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

復縁するか迷っている場合

復縁するか迷っているなら自分への問いかけを

迷っている、心が苦しいですよね。 復縁を迷っている人の多くは、復縁ができる可能性と、自分の気持ちが耐えられるか否かの狭間で苦しんでいる…

ページ上部へ戻る