【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

できたら復縁して結婚したいけれど難しい?

復縁結婚は難しいのか

別れてしまった彼女と復縁して結婚することは難しいのでしょうか?

恋愛と結婚は確かに違い、お互いの気持ちだけではどうしても成立しないことが多々あります。

2人で将来を作っていくためには、金銭的なことを計画しなければいけませんし、子どもをいつ作って、どのように育てていくのかなど、さまざまなことを考える必要があります。

それでも結局は、2人の気持ちが同じ方向を向くことができれば結婚を決めることができます。

別れてしまった彼女と復縁して結婚するためのチェックポイントをご紹介します。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

そもそも元カノは結婚したいと考えていたか

元カノは復縁結婚を考えていたのか
結婚を申し込めば相手が絶対に喜ぶわけではありません。

プロポーズするのは問題ないのですが、それを受ける相手の気持ちをしっかりと考えることが大切です。

元カノと付き合っていた頃のことを思い出してみてください。

結婚を少しでもほのめかすような素振りがあったかどうか、考えてみてください。

すべての女性がプロポーズを喜んで受け止めるわけではありません。

こちらにとっては意を決したプロポーズではありますが、ただ気持ちをぶつけるだけではなく、ある程度相手のことを考えて申し込むようにしてください。

自分は家庭を持てる状況か

恋人関係と夫婦はまったく違うものです。

どれだけ相手に対しての気持ちが強くても、しっかりと将来を作ることができるか、それだけの器量と甲斐性が自分にあるかを確認してみてください。

結婚すると運命共同体になり、相手だけではなく相手の家族や親戚に対しても責任を持つことになります。

こちらが一時的な感情だけで結婚を申し込んでいるのか、将来のことを見据えて結婚を申し込んでいるのか、相手は簡単に見抜いてしまいます。

自分の収入や、結婚したい理由などもしっかりと考えることが重要です。

こちらから振ったのにプロポーズする際の注意点とは

プロポーズの注意点
彼女をこちらから振った状況をプロポーズで一気に巻き返すのは、場合によってはとても有効な方法です。

失恋状態にある元カノは精神的にとても参っていますし、振ってからあまり期間が経過していないのであれば、すがるようにプロポーズに乗ってくる可能性もあります。

ただし、相手の心理状態に付け込むようなプロポーズには注意が必要です。

落ち着いて考えてみると本当に結婚してもいいのかどうか、相手が後から迷ってしまう可能性もあります。

ですから、相手に決断を急かすのではなく自分の意思表示だけをして、落ち着いたらお互いの両親に会いに行こうなどと伝えて、冷静になるのを待ってあげることも大切です。

元カノを自分だけのものにしたいからという理由ではいけない

結婚すれば元カノは自分だけのものになるわけではありません。

子どもができれば母になりますし、自分の両親から見れば義理の娘になります。

元カノを取り戻して束縛したいからではなく、将来を真剣に考えた末のプロポーズであれば相手に響くのです。

復縁したいからと、打算的なプロポーズは相手にすぐバレてしまいますので、自分の意思がどこにあるのかを確認してみてください。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女と復縁する方法

大切な彼女と復縁する方法

別れた後、彼女が大切人だと気が付き、復縁を考える男性はあなただけではありません。 しかし女心は難しく、順を追って行動を起こさないと友達…

ページ上部へ戻る