【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

遠距離の元カノと復縁したいなら待て、磨け

遠距離復縁上手は待て磨け

遠距離復縁を成就させるには、『努力』の一字です。

距離的に離れていて、しかもいったん別れた彼女とよりを戻したい。

これは、物理的にも、心理的にもかなり難しいアプローチだと思ってください。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

そもそも遠距離恋愛は難しい

遠距離恋愛は難しい
そもそも遠距離恋愛自体が成就の難しい恋愛形態です。

特に、若いカップルの場合、遠距離になってしまうと、自然消滅するか、離れてすぐに関係が終わってしまうケースが大半です。

離れて、しかも、のちに結婚までこぎつけるカップルは、どちらか一方が(ごくまれに双方が)かなり真剣に関係を維持する努力をしている場合がほとんどです。

遠距離を経てゴールインするには、覚悟がいると思ってください。

遠距離恋愛では自然な冷却期間ができる

逆にいうと、遠距離恋愛のカップルの場合、ちょっとした喧嘩で別れる話になっても、そんなに気にする必要はないとも言えます。

どんなに愛し合っていても、毎日会うわけにはいかないんですから、別れ話は頭を冷やすためにちょうどいい冷却期間になりえます。

2,3か月のブランクがあっても恐れず、むしろ、わざとそれくらいの期間を置いて、「久しぶりだね」と声をかけるのも一つの策です。

冷却期間を恐れるな

冷却期間を恐れない
離れていると不安になってしまいがちですが、復縁の為の冷却期間だと思ってある程度プラスに考えましょう。冷却期間、恐るるに足らず、です。

たとえば、留学や出張など、離れている期間が決まっている場合、焦らずに待っていれば、結構すんなり元の鞘に収まることがあります。

離れていたから心も離れただけで、本人が戻ってくれば、心も戻ってくるケースです。相手が勉強や仕事で忙しいと分かっている場合は、あえて何もせずに、本人が返ってくるのを待って、再アプローチに備えましょう。

引っ越しや転勤など、先の見通しのつかない状況での遠距離恋愛で破綻してしまった場合は、相手が冷静になるのを待って、メールできっちり説明するのが一番です。携帯メールではなく、パソコンメールで、別れることになった原因を冷静に見直しましょう。

待てる人になれ、自分を磨け

待てる人、自分を磨く
距離的に離れているということで、不安感は近距離恋愛のカップルとは比べ物にならないくらい大きくなりますが、ここは焦ってはいけません。

別れた彼女の様子が全くわからないだけに、想像が膨らみ、どうしても疑心暗鬼になるものです。

だからといって、うるさくメールしたり、電話を掛けたりするのは逆効果です。近距離恋愛よりも、長いスパンで様子を見る覚悟で当たってください。

不安だからと言って、FBなどのSNSを閲覧して一喜一憂するのもよくありません。

彼氏や彼女のページに自分の知らない世界を見つけると、無駄に落ち込むだけです。彼氏彼女には別の交流があることを承知したうえで、自分のところに帰ってくる日を待てないと、遠距離恋愛は成就しません。

待てる人になれ、自分を磨け、です。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

自分から振って後悔して復縁したい

自分から振ったのに後悔してしまい、復縁を申し込む男性の特徴

自分から振ったのに後悔するのはおかしいことでしょうか? 男だからといって恋愛に関してドライになれるわけではありません。 また、女…

ページ上部へ戻る