【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

彼女と別れて辛い時、君は何をすべきか

彼女と別れて辛いとき

大好きだった彼女と別れて心が辛いとき、いったい何をすべきなのでしょう?

新しい恋を探す?

何かほかに打ち込めるものを探す?

しばらく旅にでも出てみる?

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

失恋に有効な薬は無い

失恋に有効な薬はない
どれも良い案だと思います。失恋の痛手に、一つの有効な方法なんてありません。どの薬が効くかはのんでみないとわかりません。

ただ、もし、別れた彼女がほんとにあなたにとって大切な人だったのなら、忘れ去る前に、彼女の言った言葉のひとつひとつを思い出してみてください。

そして、万一偶然会うことができれば、彼女にお礼を言いましょう。もし会うことができなくても、がっかりしないでください。しっかり復習しておけば、女性との付き合い方について少し悧巧になれますからね。次の機会に生かしましょう。

【ケーススタディー】日野君の場合

日野君の復縁体験談

大学の後輩に日野君という男性がいます。今年26歳で、この秋にめでたく結婚することになっています。

奥さんになる人は大学時代の同級生、バドミントンサークルの新歓コンパで知り合って、すぐに付き合い始めたそうですが、卒業前に大喧嘩して、一度別れています。彼女は小柄でかわいらしく、とても大人しいタイプの女性。道を歩いていて知らない人にぶつかられても文句ひとつ言えないような人です。

別れ

突然の別れ
その彼女が、卒業を控えた4年生の冬に「別れる」と言ってきました。それも、たたきつけるような口調で。

日野君にも薄々察しはついていました。原因は、日野君の就活が全敗したことです。全敗というよりも、途中で試合放棄したような形でした。

小学校の時からずっと優等生、大学入学まで順調な人生を歩んできた日野君には「断られ続ける」ことが耐え難かったんですね。

最初のうちこそ、他のみんなも落ちてるから、と気楽に構えていたものの、友人たちが内定を取り始めると焦りがで始めました。就活中と称してゼミには出ない、彼女に対しても、優しいのを良いことに、ことあるごとに絡むように。「女は良いよな。試験官がオヤジだったら楽勝だよな」なんていじめるのは日常茶飯事。ちっちゃな喧嘩が絶えませんでした。

極めつけは、彼女のほうが内定をもらったとき。「今度は日野っちの番だね」と言いかける彼女を遮るように、「俺、もう止めるわ、就活」と言っていました。

彼女が初めて声を荒げた

彼女が声を荒げた
彼女は最初いつも通りおとなしく話を聞いていましたが、「止めてどうするの?」という質問に日野君が、「進学する。そしたらあと一年ゆっくりできるし」と言った時、初めて声を荒げました。

彼女の家はお父さんが大学教授、お兄さんもポスドクという境遇だったので、甘い考えで進学しても何の益もないことをよく知っていました。「就職できないから進学するなんて勉強したくて進学する人に失礼だよ!だいたい、日野っちは全然真面目に取り組んでないじゃない!」と彼女は怒鳴り、「うるさいよ。説教ばっかりすんなよ!」と背を向けた日野君に、「別れる。もう二度と会わない。このままじゃあなたがダメになるから」と言って、部屋を出ていきました。

結局その後、彼女は一切連絡してこず、サークルの卒業コンパでも全く目を合わせてきませんでした。日野君は迷った末、大学院に進学。そして、今度は修士の一年目から積極的に就活に励んだ甲斐あって、無事、念願の研究施設に就職することができました。勿論、単位も一切落とさず、論文も通りました。

再開

元彼女との再会
二人が再開したのは、日野君の勤めている会社の新社屋落成式の日。

彼女は取引先の担当者として招待されていました。久しぶりに会って、しかも場所が華やかなパーティー会場。相手は着飾ってとてもきれいだし、場馴れして、優雅にふるまっています。

会釈はするものの、なかなか話すチャンスがないまま、パーティーは終盤。主催者である上司が挨拶をし始めたそのとき、彼女がすすっと寄ってきました。「良かったねー。いい会社に入れたんだね。上司の方も良い人だね。やっぱり日野っちは優秀だね」。

日野君はその言葉を聞いて、ああ、やっぱり彼女しかいないんだな、と思いました。でも、彼は焦りませんでした。

「あのときは、ありがとう。いろいろ悪いことをしたね」と言って謝り、その日はそのまま別れました。そして、翌日、改めて、メールを書きました。それが1年前のことで、今は仲良く結婚の準備を進めています。

日野君のしたこと

日野君が復縁のためにしたこと

日野君は復縁のために何をしたのでしょう?

何もしてません。

彼はただ、彼女の言ったことをかみしめて、真剣に生活に取り組んだだけです。追いかけるのではなく、自分を磨くことをしただけです。

結局のところ、これが、復縁の近道なのかもしれませんね。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

復縁成功率を低くする行動

復縁成功の可能性が低くなる行動とってませんか?

気づいたら週に数回連絡・・・ フェイスブックで弱音を書いたり・・ 共通の友達に相談・・。 復縁していという思いに駆られて、こんな行…

ページ上部へ戻る