【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

【復縁体験談】振られた彼女にやり直したいとメールした結果

復縁体験談彼女とやり直したい

二つ年下の優子とは、もう3年の付き合いでした。

僕は、年齢的にもそろそろ彼女との結婚も視野に入れての付き合いをしているつもりだったのですが、3年という交際期間のせいもあるのでしょうか。

確かに、最近はマンネリした感じが続いていたのも事実です。

デートをしようと思っても、一度行った所ばかりで、今、思えば、彼女も退屈そうな顔をしていたようにも思います。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

突然の別れ話

復縁体験談-別れ話
そんな時でした。彼女からいきなり「このままじゃお互いによくない。別れたい」と言われたのは。

正直、僕は、自分自身悪いことをしているつもりもありませんでしたし、もちろん、浮気だってしていません。

それなのに、どうして彼女がそんな事を言うのか、正直理解しかねました。

いきなり、別れを言われた僕は、彼女の意図が理解できず彼女を怒鳴ってしまったんです。「なんで、俺なにも悪いことしてないよ?どうして急に別れるとか言うの?」って。

彼女は、泣いていましたね。
その涙の理由もわからないまま、彼女との連絡は途絶えました。

僕が電話をしても、出てくれなくなったんです。

振り返り、考える

復縁体験談-振り返り考える
僕は、2週間、仕事以外のほとんどの時間を彼女の言葉の意を探るための時間として使いました。彼女だけではない、自分の気持ちとも向き合う時間になったように思います。

僕は、彼女に何をしたんだろう。何が足りなかったんだろう。どうして彼女にあんな事を言わせてしまったのだろう。

男らしくないですが、こう考える事くらいしか、モヤモヤする気持ちを解消する術がなかったからかもしれません。

そして、2週間後、自分なりの気持ちを彼女にメールする事にしました。

送ったメール

復縁体験談-送ったメール

「優子の気持ちを理解してあげられなくてごめん。あの時に優子に別れると言われてすごくショックで、怒鳴っちゃったのも本当に悪いと思っているよ。

優子は、不安になったの?僕は一緒にいられるだけで楽しかったけど、優子は最近のときめかない感じが寂しかったのかもしれないね。僕はちゃんと話しを聞けるから、優子の気持ちを聞かせて欲しい。やり直したい。」

優子からの返信はありませんでした。

しかし、僕は、結婚するならこの人以外考えられないと思っていたので、諦めず、週1回のペースで何気ないメールを送る事にしたんです。

もう一度ゼロからのやり直しだと思って、何度も彼女の心をノックするような気持ちでメールをしました。

会社での出来事、通勤途中で面白い人を発見した時のエピソード。できるだけ彼女を笑わせられるような内容を選んで送りました。

それから、1ヶ月後、彼女からメールの返信がきました。

「ずっとメールできなくてごめん。考えていたの。でも、なんだか楽しいメールがちょこちょこ送られて来るのを見ているうちに、もう一度話し合ってみようかなって気持ちになってメールした」

との事。僕は自分の思いが通じたと思い、本当に嬉しかったです。

そして、再会の時。あんなに知っている優子が少し見ないうちに別人の様に見えました。
そして、再会した時、やっぱり彼女しか考えられないと強く思いました。

僕たちは、再会を果たし、しっかりと話し合いをしました。
喧嘩になりそうになる時は、僕の方がぐっとこらえるように努力しました。
もう、彼女をなくしたくないですからね。

僕たちは、来年結婚します。一度離れてみて、彼女の大切さが身にしみてわかりました。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

復縁成功率を低くする行動

復縁成功の可能性が低くなる行動とってませんか?

気づいたら週に数回連絡・・・ フェイスブックで弱音を書いたり・・ 共通の友達に相談・・。 復縁していという思いに駆られて、こんな行…

ページ上部へ戻る