【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元カノと復縁が大失敗した例

元カノと復縁大失敗体験

人の振り見て我が振り直せと昔の人は言ったものです。

復縁を成功させたいなら、失敗した人の体験談を読むのがベスト。復縁を失敗しないために行動するのは簡単なこと。

よく読んだなら、貴方は、同じ失敗をしないように行動するだけで良いのです。

今回は、元カノと復縁大失敗した例を2つ一緒に見て行きながら、どうしたら失敗しない復縁ができるのかを一緒に考えていきましょう。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

復縁大失敗その1:緊張を無くしたいとお酒を飲んで大失敗

復縁失敗談1お酒飲み過ぎ
復縁を望むAさんは、元カノと別れた後、ようやくもう一度会えるという場面までこぎつけました。

しかし、Aさんは、極度の緊張症。

久しぶりに会う彼女に、「もう一度お付き合いしたい」と言うことがとてもプレッシャーだったそうです。
そのため、お酒を飲んで緊張を和らげようと、彼女を居酒屋に誘いました。

彼女と会えるというワクワクした気持ちで前日眠れなかったAさんは、緊張も手伝いお酒を飲みすぎて酔っ払いすぎてしまったのです。

だらしなく酔っ払うAさん。酔っ払った勢いに任せて自分の思いの丈を彼女にぶちまけました。そんなAさんを見て元カノはがっかり。そこから関係もギクシャクし始め。
Aさんの復縁は大失敗に終わったのです。

解説

元カノと再び会える時は、お酒はやめた方が無難です。

お付き合いは、遊びではないので真剣に話をするためにも、アルコールは飲まない事。静かな、レストラン、または感じの良い喫茶店をチョイスするのが良いですね。

別れてからのファーストコンタクトは、できるだけ短めに。

長く一緒に居たい気持ちはわかりますが、彼女に楽しかったという気持ちだけ植え付けてさっさと帰るようにしましょう。

そうすることで、復縁を成功させやすくなります。

復縁大失敗その2:復縁するはずが、喧嘩になり大失敗

復縁失敗談2:喧嘩した
Kさんは、彼女と別れて3ヶ月。忘れられずに復縁を願っていました。

別れた原因は、Kさんが他の女性と二人でお酒を飲みに行った事。彼女は、Kさんの浮気を疑い喧嘩別れをしてしまったのです。

Kさんは、復縁には冷却期間が必要だと3ヶ月連絡を取らず我慢し、彼女に連絡を取りました。そして唐突に「忘れられない。もう一度付きあって欲しい」と思いを伝えたのです。

彼女は激怒しはじめました。

「付きあって欲しいの前に何か言う事ないの?」

喧嘩っ早いKさんは、彼女のその態度に腹を立て、その電話で大喧嘩。

Kさんの復縁は大失敗してしまったのです。

解説

Kさんがしてしまった間違いは、「反省をしていなかった」という点と、「彼女の気持ちを考えてあげられなかった」という2点です。

冷却期間を置けば必ず復縁が成功するとは限りません。

その冷却期間の中で、どれだけ相手を思いやる事ができるのかが大切です。

また、自分のしてしまった事が原因で別れに至ってしまったという原因の追究と解明を行わなかった事が大失敗に繋がったのです。

復縁をする際は、別れた原因を考え、反省し、相手の気持ちを考えてから行動に移すようにするのがベストです。

まとめ:復縁は反省と修行の繰り返し

復縁は反省と修行の繰り返し
今回は、2つの復縁失敗例を見ていきました。

復縁は、修行です。

自分のしてきた行いを反省し、相手を思いやる我慢の修行。もう一度彼女の気持ちをゲットするまでが復縁なのです。

最後の最後まで気を抜かず、抜かりなく行動しないと、今までの復縁の努力が全て水の泡になる可能性もあります。

最後の詰めまでしっかりと行う事で確実に復縁を成功させる事ができるのです。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

振られた彼女が諦められない

なぜ?振られた元カノが諦められない

あんなに好きだったのに彼女別れることになってしまった、というのはとても悲しい事ですよね。 振られてしまったのに、まだ諦められないという…

ページ上部へ戻る