【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

破局しそうな彼女と別れたくない場合のメールのコツ

破局しそうな彼女と別れたくないメールのこつ

今の恋愛が終わりそうになっているけれど、繋ぎ止めたい場合のメールには何を書けばいいのでしょうか?

恋愛が終わる直前には、お互いに冷静でなくなっている可能性があります。

相手も冷静なつもりでも、いつもとは違う状況で正常な判断ができなくなっている可能性もあります。

彼女と別れたくないと考えるのなら、その状況を打開するためのメールの送り方を実践する必要があります。

どんな理由があって危機を迎えているのだとしても、諦めないことが大切です。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

自分が悪くて破局しそうな場合

自分が悪くて破局しそう
彼女に許してもらう以外、解決できる方法はありません。

浮気がバレてしまった、ついつい怒鳴って彼女を怖がらせてしまったなど、事情はどうあれ彼女は別れたいと考えるほど精神的に傷ついています。

それを挽回するのですから、言い訳ではなく謝罪が必要です。

どうしても別れたくないと強く訴えるのは逆効果です。

それはあくまでもこちらの意志であって、彼女の意志ではありません。

彼女の気持ちを尊重した上で許しを請うメールが必要です。

別れたくないと伝えることが逆効果かもしれないと疑うことが大切です。

返信がないからと何通もメールしてしまう

相手を急かすように何通もメールを送るのは逆効果です。

彼女は落ち着いて考えたいと願っている可能性があるのに、絶え間なくメールが続いてしまうと落ち着きません。

彼女も本音では別れるかどうか迷っているのに、メールが届いてほしくないがために別れると言われてしまう可能性があります。

壊れそうな関係に対して焦っても何も良いことはなく、返信してくれない状況は急かしても変わりません。
相手の立場に立ったメールの送り方が大切です。

怒ってしまうのは最悪

彼女に怒るのは最悪
自分の気持ちが伝わらないもどかしさが怒りになって発現してしまうタイプの人がいますが、これは最悪です。

彼女が自分の思い通りに動くと考えている人に多い傾向です。

相手が独立した1人の人格であると尊重できれば、別れをほのめかされて怒るようなことはないはずです。

大切なのはどうして相手が別れようと思ったのか、その理由です。

別れたい理由は絶対に聞く

彼女が別れたいと考えた理由は絶対にあります。その理由がどれだけ理不尽なものでも、聞く必要があります。

理由を聞けばこちらが納得できるかもしれませんし、逆に傷ついてしまう可能性もあります。

ただ、意味がわからないまま別れると後に響きます。

さらに、その別れたい理由が誤解である可能性もあり、簡単に釈明できる場合もあるのです。

理由は絶対に押さえてください。

解決に時間がかかる場合もある

一度は別れると言われても、またくっついたり、そしてすぐまた離れたりと関係が不安定になることもあります。

恋愛は理屈ではなく、気持ちの問題です。

人の気持ちは変わりますし、揺れ動くものです。本当に別れたくないのであれば、彼女から前後が成立しないメールが届いてもしっかり受け答えをする必要があります。根気が必要なこともあります。

自分の気持ちを頼りに粘ることが重要です。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

自分から振って後悔して復縁したい

自分から振ったのに後悔してしまい、復縁を申し込む男性の特徴

自分から振ったのに後悔するのはおかしいことでしょうか? 男だからといって恋愛に関してドライになれるわけではありません。 また、女…

ページ上部へ戻る