【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

復縁したい彼女に新しい彼、恋人がいる場合の対処法

復縁したい彼女に新しい彼、恋人がいる場合の対処法

復縁したい相手に新しい恋人ができても諦める必要はありません。

ただ、容易な方法ではまた新しい恋愛関係に持ち込むことはできません。

必要なのは略奪愛です。お互い後ろめたいことになりますし、彼女が現在付き合っている彼との関係も考えると、泥沼になるのは必至です。

ただ、別れるのを待つ方法では、年齢によっては人生を決めてしまう可能性があります。

つまり結婚です。

彼女が別の男性と結婚してからでは、復縁できる可能性はなくなります。

精神力が必要なことではありますが、略奪愛の方法について解説します。

別れさせるまで手をつけない

彼女が新しい彼氏と別れさせるまで手はつけない
少しでも倫理や道徳を重んじた略奪を行うのであれば、彼女が彼と別れるまで手を出してはいけません。

彼女にとって、こちらは元彼です。
その時付き合っている人がいるのに浮気はできませんし、仮にそのようなことが簡単にできてしまうのは考えものです。

今の彼と不要なトラブルを避けるためにも、別れてもらうまでは手を出さないことを心がけてください。

できれば相手の彼に気づかれないこと

新しい彼氏に気付かれない

略奪された側の気持ちを考えてください。
それも元彼に略奪されたとあってはプライドも傷つきますし、こちらのことを恨む結果になります。

こちらが元の彼女とヨリを戻そうとしていることは隠して、彼女が自然に彼と別れるような工作を行うことになります。

頻繁には会えないですし、四六時中連絡を取るのもダメです。

限られた条件下での心理戦であり、情報戦になります。

効果的なアプローチ方法

彼がいることを尊重しつつ、ある程度我を通すスタンスで臨んでください。

彼がいることに遠慮しすぎると何も変わりませんので、早期に自身の気持ちを伝えるのがポイントです。

ただ、普通に伝えてはダメです。

別れたことを後悔していることを伝えつつ、別の男性と付き合っている状況が残念でしょうがないと、割り切れない複雑な気持ちをありのままに伝えてください。

今彼とのトラブルを利用する

新しい彼氏とのトラブルを利用する

付き合っていれば必ず喧嘩をします。

どれだけ仲の良い恋人でも、一度も喧嘩をしないなどはあり得ません。
関係によっては数少ない機会かもしれないその貴重なチャンスを活かすことが大切です。

そのためには日頃からある程度連絡を取っておき、困ったことがあったらいつでも連絡してもらえるような土壌を作る必要があります。

チャンスはそう多くないかもしれないので、最大限活かせるように準備を進めてください。

結婚していなければ違法ではない

彼女が結婚していないと違法ではない
略奪愛は相手が結婚していなければ違法性はありません。

相手が結婚してしまっていると問題があります。

彼女にとっても、こちらにとっても、慰謝料を求められるようなトラブルに発展しかねません。

また、相手が3年以上同棲している事実婚の場合も同様です。

ですから、極力こちらに振り向かせるのは相手の関係が浅い内に成功させたいものです。

何もせずにその後悔やみ続けるよりも、行動に移して納得できる結果を得る方が精神的にも健全です。

がんばってください。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元カノと復縁したいなら勇気を出して行動する

元カノと復縁したいのならば勇気を出して行動すること

待っていれば別れた元カノが帰ってきてくれるのでしょうか? 残念ながら、じっとしているだけでは別れた元カノが帰ってくることはありません。…

ページ上部へ戻る