【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元妻へ復縁したいと伝えるにはタイミングが全て

元妻へ復縁を伝えるにはタイミング

復縁を目指す過程で大事なのは、いかにして、「元夫」から「友達」へ、そして「友達」から「彼氏」に昇格するか。

破局直後は怒って電話にも出てくれなかった元妻に、まずは「友達」からやり直すことを承諾させなければ始まりません。

ここまで持ち込めたら、実のところ、90%成功したようなものです。ただし、ここで手を抜いては「友達」で終わってしまいます。どんなことでも、肝心なのは仕上げの一筆です。

復縁したいと伝えるにも、タイミングを逃さないようにしましょう。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

「友達」に戻った利点を生かせ!

友達に戻る利点を生かす
「友達」までこぎつけたのなら、相手の状況を把握できるはず。これを生かさない手はありません。

あなたとしては、彼女に新しい彼氏がいるのかどうかが何より気になるところでしょう。が、そこをダイレクトに訊いてしまうと、女性としては、何だか軽く見られているようで面白くないものです。

あなたっていつまでたってもそんなことしか考えてないのね、と思われてしまうと、昇格は遠ざかってしまいます。

彼女側から破局を言い渡された場合、たいていその理由の一部、あるいは中心に、「私のことをちゃんと考えてくれてない」という一節があったはずです。

女性は一般的に結婚生活においては男性より辛抱強いものなんです。女性側からきっぱりした別離が告げられたということは、あなたは気づいていなくても、余程我慢ならないことがあったと考えるべき。

そして、男性が気付かない「我慢ならないこと」の第一位が、「私のことを考えてくれない」なのです。

変わった自分をアピールすべし!

変わった自分をアピールする
無事「友達」の座まで戻ることができたら、「友達」に戻った利点を最大限に生かし、新しい自分をアピールしましょう。

要するに、妻としてではなく、一人の人間としての彼女を気遣える自分を見せる、ということです。

離婚に至った女性は、たいていの場合、自分を家庭の一部としてしか見ない夫に幻滅しているので、「変わった自分」のアピールはかなり効きます。

訊くべきは、彼氏のことではなく、彼女のこと!

復縁のために彼女のことを聞く
暫く離れていた間に、彼女の身の回りにもいろいろ変化があったはずです。

「俺と別れていた間に彼氏とかいたの?」と訊くかわりに、「何か変わったことあった?仕事、上手くいってる?(子供がいれば)子供たちは?」と訊くことから始めましょう。

一緒に暮らしていた頃、彼女が悩み事を口にしていたら、そのことをさり気なく尋ねるのも大切です。

忘れてはいけないのは、一度別れたということは、以前付き合っていたときの自分は完全に気に入られていなかった、ということです。

交際が再開したことに満足せず、良い方に変わった自分をアピールし続けないと、最後の10%はいつまでもクリアできないと思ってください。

勝負は、詰めが大事ですよ。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

振られた彼女が諦められない

なぜ?振られた元カノが諦められない

あんなに好きだったのに彼女別れることになってしまった、というのはとても悲しい事ですよね。 振られてしまったのに、まだ諦められないという…

ページ上部へ戻る