【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元カノは誕生日に元彼からLINEやメールがきたら嫌なのか

元カノはLINEや誕生日メールが来たら嫌なのか

誕生日に元彼からLINEやメールがきたら、元カノは嫌なのでしょうか?

結論から書きますが、元カノにとっては誕生日にLINEやメールがきたとしても嫌ではありません。

ただし、突然誕生日だけメールが届くと、いきなりメールきた、と少し焦ってしまう可能性はあります。

さらに、すでに新しい彼がいる場合は元彼からメールきたと、新しい彼に伝えてしまう可能性もあります。

新しい彼に伝えてしまうと、不要なトラブルに発展しかねません。

元カノと復縁したいと希望している場合、一年に一度しかない誕生日にメールをしたい気持ちは当然ですが、LINEやメールを送る自分の満足感だけではなく、受け手である元カノの状況に配慮してあげる必要があります。

自分が元彼である立場をしっかりとわきまえた行動の大切なポイントを解説します。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

内容を重くしてはいけない

LINEメール内容は重くしない
誕生日は楽しい一日である必要があります。
そんな日に過去を引きずるような重苦しい内容のLINEやメールが届くのは不愉快です。

元カノとかろうじて連絡が取れていた状況を壊してしまう可能性もあります。

届いて嬉しいメールかどうかを念頭におかなければ、ただ記念日にLINEやメールを送ったという事実で満足してしまうことになり、大変危険です。

LINEやメールに自分の近況は書きすぎない

連絡内容に元彼の近況だけを誕生日に聞かされても困ります。

元カノに対して久しぶりにメールをする場合は、伝えたいことが山ほどあるのは理解できます。

それでも元カノの誕生日の主役はあくまでも元カノですから、元彼である自分の近況や状況はとりあえずおいておき、元カノの幸せを願う内容にしてください。

元カノが迷うようなLINEやメールにしない

元カノが迷うようなLINEメール内容にしない
突然誘うなどの内容はNGです。

いくら復縁したいとこちらが願っていても、元カノの気持ちはわかりません。

自分の誕生日くらいはリラックスして楽しく過ごしたいものです。
メールを読んだ瞬間に緊張してしまうような内容では逆効果です。

LINEやメールを送った事実は残る

LINEやメールを送った事実は残る
元彼が誕生日にメールをくれたことは、元カノの記憶に残ることになります。

ですからメールを送らないよりも送る方が、復縁に向けて前進できることは確かです。

LINEやメールの文面はシンプルな一言でも構いません。

こちらの気持ちを剥き出しにするよりも、むしろその方が相手がさまざまなことを考える余地を作ることができます。

ただ一言、おめでとう、とだけ書いた誕生日LINEやメールでも十分に効果を上げることができます。

自分の身に置き換えたメール内容にすること

誕生日にどんなLINEやメールが欲しいか考えてみてください。

恨みつらみが続く呪いのような文章が届くと不愉快極まりないはずです。

それを元カノに対して送るLINEやメールに置き換えるだけでいいのです。
誕生日に考えるのは自分の将来のことです。

どんな一年にしようか、どんな歳のとり方をしようか、希望でいっぱいの一日です。

そのような日に適した内容のメールでなければ嫌がられてしまうのは当然です。

自分のことは置いておき、元カノの幸せを願う内容に終始するのがポイントです。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

復縁できる別れ方

復縁できる別れ方とはどのようなものなのか

復縁できる別れ方はどのようなものでしょうか? 恋愛の終わり方はケースによってバラバラではあるものの、一定のパターンがあります。 …

ページ上部へ戻る