【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

復縁の成功者にノウハウを聞いてみました

復縁成功者のノウハウ

復縁を成功させたいのなら、成功者に話しを聞くのが一番良い方法です。

その人が、なぜ復縁を成功させる事ができたのか、自分と何が違うのかを学び取る事ができるからです。

復縁のハウツーを読んでもなんだかしっくりこない人。そんな人は、成功者の話しを聞いて自分と照らし合わせてみましょう。きっと答えが見つかるはずです。

今回は、どのような行動を取った事で復縁が成功したのか、復縁成功者のやり方を元に、一緒に学んでいきましょう。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

自分を反省し、謝罪のメールを送った

反省して謝罪メールを送る
失恋した後、謝罪のメールを送る事で復縁する人たちは案外多いものです。相手が感情的になって別れを切り出した場合や、情に厚いタイプに効果的な方法だと言えます。

なぜ、謝罪のメールを送る事が復縁につながるのでしょうか。

それは、謝る事は自分にも相手にも損が無いからです。イチかバチかというリスクもありません。復縁をしたいと思ったら謝罪メールは必ずした方が良いでしょう。

しかし、ただ謝れば良いという物ではありません。

自分が悪かった所を見つけ、しっかり反省をし、相手の胸に響くような謝罪をしなければ復縁は成功しません。そのためには、まず自分をしっかりと見つめ直す必要があります。

謝罪メールから3ヶ月の冷却期間を置くことで復縁が成功

冷却期間3か月で復縁成功
復縁を望むなら、冷却期間はとても重要。

復縁には、感情的になっているお互いの心を冷静にする期間が絶対に必要になるからです。冷却期間を置く方法は、別れ際が穏やかだった場合や、マンネリで別れたカップルに効果的な方法です。

なぜ、冷却期間は”3ヶ月”なのでしょうか。

それは、人間の脳の記憶は3ヶ月周期でインプットし直される仕組みになっているから。

裏を返せば、嫌な記憶も3ヶ月経てば消えて無くなるという事です。

3ヶ月後に、絶対に未練が伝わらない方法で、相手が返事をしやすいメールを投げかける。ここでメールを無視されると復縁がうまくいかなくなるため、メールの内容は慎重に吟味するようにしてください。

相手から好意的なメールが届いたらGOサイン!

即座に電話で連絡を取り付けましょう。好意的なメールが来た後に間をあけるのは逆効果。相手の気持ちが冷めないうちに、素早く会える連絡を取り付ける事が重要です。

友達関係を続ける事で復縁を成功させる

友達関係を続けることで復縁する
価値観が違う、感覚のずれで別れてしまった場合、友達関係を続ける事で復縁が成功するケースがよく見られます。

価値観が違うと思われたら、再び「やっぱり合うのかも」と思わせる事が大切。そのため、会話や、コミュニケーションはとても大切になります。

友達関係であれば、色々な話しを遠慮抜きで話すこともできますし、相手の事を深く理解するきっかけにもなります。彼女に違う恋人が出来てしまう事もありえますが、友達として応援をする事で横入りするチャンスを狙える方法とも言えます。

どこで何をしているかわからないより、近くで彼女を見守れるのでそれだけチャンスも多くなるという事ですね。

まとめ:復縁方法は別れ方によって変わる

別れ方で復縁方法が変わる
今回は3つの復縁を成功させた方法を見ていきました。

貴方の失恋パターンはどのような物でしょう。復縁の方法は、別れ方によって大きく変わります。

復縁のハウツーを見て、復縁を試みてもうまくいかない。そんな貴方は、タイプ別の行動を行っていないせいかもしれません。

今回の成功者の例を自分と照らし合わせ、一番近いパターンで行動してみてください。きっと、すぐに効果が現れることでしょう。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女と自分から別れたのに後悔、そんな時の復縁方法

その人の大切さって、別れた後で気がつくことが多いんですよね。 一緒にいると見えなかった暖かさが、離れると身にしみてしまう、特に男性にそ…

ページ上部へ戻る