【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

元カノとヨリを戻すなら半年が勝負

元カノとヨリを戻すには半年

元カノともう一度寄りを戻したいと考えた時。

どのサイトや、どんな書籍にも「冷却期間」をしっかりと取ると書いてあります。

しかし、復縁はとてもデリケートな行為です。

冷却期間の時間を図り間違えると、二度と寄りを戻せなくなってしまうものなのです。

今回は、絶対に復縁を失敗したくない貴方に、冷却期間の置き方についてお話ししたいと思います。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

なぜ冷却期間が必要なの?

なぜ冷却期間が必要か
付き合っていた恋人と再び恋愛関係になりたいと考えた時、冷却期間はとても大切です。

なぜかと言えば、別れる時はお互いに、「別れる事実を飲み込む行為」に必死になります。

そのため、冷静に相手の立場や、感情を考えてあげる事が不可能なんですね。感情や、立場を考えられるようになると、自分の打つ手が見えてきます。

闇雲に、「復縁したいんだ」という気持ちを相手にぶつけても相手は混乱してしまうだけ。

けしてYESとは言わないはずです。

相手の立場になり、自分の過ちを反省してこそ間違わない復縁ができるのです。

冷却期間は短くても、長くてもダメ

冷却期間が復縁において大切な事は分かりました。では、冷却期間は、長ければ長いほど、復縁を成功させる事ができるのでしょうか?

実は、冷却期間は、短すぎても、長すぎてもダメだと言う事が分かっています。

短すぎる冷却期間は、相手の気持ちが冷静になるまで至らず、相手に押し付けがましい復縁になってしまうケースが多いのです。

また、長すぎる冷却期間は、逆に相手の心を「もういいかな」と諦めさせたり、次の相手に向かわせたりしてしまう原因になってしまいます。

復縁において、長すぎる冷却期間や、短すぎる冷却期間はかえって危険です。

冷却期間は慎重に相手に合わせて決めることがとても大切なのです。

冷却期間のベストの長さは半年

では、冷却期間はどのくらいの長さとるのがベストなのでしょうか?

統計の結果、一番復縁率が高かった期間を調べると「半年」となっています。

なぜ半年なのでしょう?

人間の記憶とは不思議なもので、いやな記憶から消して行こうとする働きがあるのです。

別れた時、恋人にひどい事を言われた、または怒りで自分の感情を抑え着れなかったという記憶も、4~5ヶ月ほど経つと脳の働きにより記憶が抹消されはじめます。

そうなると、どんなにいやな思いでも「まあ、素敵なところもある人だった」と思い出に変わり始めるのです。

その思い出に変わり始めるのが丁度半年くらいなのだそう。ここのポイントをガツンと攻めることで、復縁をより成功りやすくするのです。

おわりに

いかがでしたか?今回は、復縁において、冷却期間は大切だという事、また冷却期間の長さが復縁を左右するということをお話ししました。

復縁したい側からすると、半年は地獄のような日々かもしれません。ひたすら相手に連絡したい気持ちを抑えなければいけないからです。

しかし、ここを乗り越えられれば、復縁は目の前です。

貴方のできる事は、この半年で、自分をしっかりと振り返り反省する事。そして同じ間違いを二度と犯さないために自分がやれることを考える事。この2つを一生懸命考える事が大切です。

貴方の復縁が成功する日を祈っています。グットラック!

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

振られた彼女が諦められない

なぜ?振られた元カノが諦められない

あんなに好きだったのに彼女別れることになってしまった、というのはとても悲しい事ですよね。 振られてしまったのに、まだ諦められないという…

ページ上部へ戻る