【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

自分から振ったのに復縁したいのは身勝手?

自分から振ったのに復縁したいのは身勝手か

自分から振ったのに復縁したいのは身勝手なのかといえば、そういうわけでもありません。

振った理由によります。

また、振られた側、つまり元カノがどのような気持ちでいるのかも問題です。

元カノ側に理由があって振った場合、振った行為によってしっかりと反省してくれている可能性もあります。

つまり、お灸を据える意味で一旦振ることが有効になっているケースがあります。

さまざまなケースがありますので、自分から振ったのに復縁を申し込むのがすべておかしいわけではありません。

ただ、NGな例もあります。
どのようなケースで思い直した方がいいのか、例を挙げて解説します。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

自分が浮気して振った

自分が浮気して振った場合の状況としては最悪です。

浮気は男女の恋愛関係の中でも、もっともあるまじき行為です。

浮気が本気になり彼女を捨てて新しい女性の元に走り、それがうまくいかなかったから元カノに戻る、これは許されません。

元カノがOKを出す可能性があったとしても、心に深い傷を負っています。
これから償うつもりでいるのだとしても、浮気の事実と傷つけた事実は変わりません。復縁は考え直すべきです。

彼女に振られたくないから自分から振った

彼女に振られたくないから自分から振った
振った方が勝ちなわけではありません。

ただ、男性にとっては振られることは怖いもので、プライドが著しく傷つけられてしまうこともあります。

彼女の様子がおかしいことに気がつき、振られる予感がしたから逆に振ることで威厳を保つ例も少なくありません。

ただ、この場合は試合に勝っていたとしても勝負に負けています。

別れをこちらから切り出さなくても振られていたと考えているのであれば、復縁アプローチが徒労に終わる可能性があります。得策ではありません。

好きではないがキープしたいから

彼女はモノではありません。

好きではないけれど、なんとなくキープしたいと考えるのは失礼です。

自信がある場合でも同様です。一旦振ったけれど、次の相手に恵まれなかったからキープするのでは確実に態度に出ます。

そして多くの女性はその態度の違いを察知できます。
恋愛関係そのものに対して考えを改める必要があります。

自身が寂しいだけ、退屈しのぎ、そのように考えるのであれば復縁アプローチは避けてください。

相手と連絡が取れない場合

元カノが新しい道に進もうとしています。
振ってからある程度期間が経ってしまっている場合に起こりがちな事態です。

元カノにとっては立ち直るために苦しい時期を乗り越えた可能性もあります。

それであえてこちらからの連絡が届かないようにしているのです。

振った責任として、このような事態であれば潔く諦めてください。

恋愛関係に定義はない

恋愛関係に定義は無い

振っても忘れられない、振られたらそれまで、恋愛関係の価値観はさまざまです。

一度破局してみなければわからない相手の性格もあります。

復縁に至るかどうかはタイミングであることもあります。

元カノが復縁の申し込みを待っている可能性もあります。

人として胸を張って復縁の申し込みができるのであれば、あとは自分次第です。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

遠距離恋愛で別れた彼女と復縁する方法

遠距離恋愛で別れた彼女と復縁する方法

あなたは「遠距離の彼女と復縁なんて無理」と思い込んでいませんか? 結論から申しますと―――必ず復縁できます! ただし、即座に効く…

ページ上部へ戻る