【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

女性から追われる「モテる男」になろう

女性から追われるモテる男になる

女性にモテるにはどうしたら良いんですか?とよく聞かれるんですが、これはすごく簡単です。

女性から愛される男になれば良いのです。「いや、だから、どうやったら女性から愛されるんだ、って聞いてんだよ!」って言われそうですが、実はこれもそんなに難しくはありません。少なくとも、女性が男性から愛されるようになるより、ずっと簡単です。なぜなら、女性のほうが、異性に求めるストライクゾーンがずっと広いからです。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

日本人男性はストライクゾーンが狭い

男性はストライクゾーンが狭い
男の人はなかなか自分のことはわからないようですが、男性、特に日本の男性は恋人や結婚相手に求めるストライクゾーンがとても狭いのです。

統計を取ると、デブ専とかフケ専とかいった特殊な趣味の人以外は、どちらかというと小柄で、自分より身長が低く、体型は「ほっそり」から「ぽっちゃり」の間くらいの女性に「好み」が集中しています。数字でいうと、身長160センチ前後で体重40キロから50キロの間です。

アメリカ人女性の平均体重は70キロ以上ですから、日本男性の国際結婚率が低いのもよくわかりますね。更に、年齢は自分より2,3歳下で、収入も学歴も自分よりちょっと下、といったところがお好みです。逆にいうと、この枠を超えた女性は、とても恋人を見つけにくいということです。

女性のストライクゾーンは広い!

女性のストライクゾーンは広い
その点、女性はそんな狭い基準を男性に求めていません。特に、外見に関しては色んな好みの人がいます。昔から、谷町といわれる大相撲のファンには、水商売のきれいなお姉さんがたくさんいます。ジャニーズの男性アイドルは、日本人男性の平均身長と比べても低身長の人が多いです。

つまり、太った人が大好きな女性も、小柄でやせた人が大好きな女性も、ふつうにいるということです。ヒゲやスネ毛にしたって、絶対に嫌という人もいれば、髭も脛毛も胸下も大好きという人もたくさんいます。

女性は意外に外的な条件に左右されないのです。なので、外見だけでモテない人というのは、現実的にはいないのです。

声ハンサムと耳ハンサムを目指す

耳・声ハンサムはモテる
とはいえ、人並み以上にモテる男に共通している要素というものも、やはりあります。

ひとつは、声がいいこと。

大昔から、顔の悪いプレイボーイはいても、声の悪いプレイボーイはいないといわれるくらい、声と話し方は、女性に気に入られるうえで重要です。声そのものはともかく、話し方は心がけ次第なので、ぜひ、自分らしく、かつ感じのいい話し方を身に着けてください。女性が嫌うのは、相手の目を見ないで話す人や、人を小ばかにしたような投げやりな話し方をする人です。お気をつけて。

もう一つ。声よりももっと重要なのは、耳です。

つまり、女性の話を聞くこと、聞けること。これまた昔から、女性にもてる男は聞き上手、というのが定説です。何しろ、女性の話というのは、正直に言って面白いものではありません。愚痴も入るし、堂々巡りで結論がない。その面白くない話を、親身に、やさしく相槌をうちながら聞いてくれる人というのは、それだけでポイントが高いのです。

人の話をよく聞いて、感じよく話す、これはヨーロッパの上流階級の子息が必ず身に着けさせられるマナーでもありますし、売れっ子のタレントといわれる人が必ず身に着けている人たらし方法でもあります。

これらはモテ男になるだけでなく、復縁をする上でも役立ちます。ぜひ、良い声と良い耳を手にいれてください。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

元カノと復縁するためのタブー

元カノと復縁するためのタブーをやっていませんか?

復縁したいけどなかなかできない。 どうしたらいいのか全く分からない。 でも気持ちは全然彼女から離れない。 という人が…

ページ上部へ戻る