【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

これはタブー行動!元カノと復縁したいなら

復縁タブー行動

復縁活動は、本当にデリケートです。

人の気持ちを動かす作業ですから、1つ間違えてしまうだけで、ボタンの掛け違えのようにどんどん違う方向へと動いてしまうのも復縁の怖いところですね。

復縁活動初心者は、どうしても間違った行動を起こしやすいもの。

今回は、復縁においてのタブー行動とはどんなものなのか一緒に考えて行きましょう。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

タブーその1:相手を責めるような行動

復縁タブー1相手を責める行動
復縁を成功させたいのなら、相手を責めてはいけません。お付き合いは2人でするものですから、もちろん相手も反省する部分はあるはずです。

しかし、相手が悪い部分があるとしても、その部分を執拗に攻めたりすると、相手の気持ちはふさぎこみ心の扉を閉めてしまう可能性があります。

復縁をしたい時、責めるのは自分だけにしましょう。その行動は、相手の反省を促す行為に繋がります。

タブーその2:執拗に連絡をとらない

復縁タブー2執拗に連絡を取らない
別れてしまって後悔をする。そして復縁を考えるという流れが一般的です。

そうなると、別れてしまった後悔や、自分の反省点を考えれば考えるほど相手に言い訳や、謝罪をしたくなるものです。

しかし、相手に考える時間を与えてあげることも復縁には大切な時間です。そのため、別れてすぐに連絡を取ろうと何度も電話したり、どうでもよい内容のメールを送り続けるのはNG行為です。

別れてしまって最低1ヶ月は相手の出方を見るためにも連絡を取る事は控えましょう。

タブーその3:自分の気持ちを押し付ける

復縁タブー3気持ちを押し付けない
復縁をしようと思っている人が一番やってしまいがちな行動です。

「どうして復縁してくれないの?」というイライラした気持ちをそのまま相手にぶつける事は、復縁を最も困難にしてしまうタブー行動なのです。

もちろん貴方にも感情はあるでしょうが、相手にも感情があり、お互いの気持ちが同じようにならない限りは復縁はありえません。

復縁活動中の人は「こんなに相手を思っているのになぜ?」と相談を寄せる人もいますが、相手は貴方を好きじゃないかもしれない。

別れを選択した時点で「この恋は終わり」とシャットアウトする考えの人もいます。貴方の気持ちを押し付けるだけではけして復縁は成功しないのです。

タブーその4:SNSや、日記、共通の友達に愚痴を言う

復縁タブー4愚痴を言う
お付き合いしていれば、同じSNSをやっていたり、フェイスブックなど共通で楽しんでいたインターネット環境もあったのではないでしょうか?

別れた後、相手と連絡がとれなくなったりすると不安になりそういうところで自分の気持ちを相手にアピールしようとする人も多く居ます。

しかし、それは相手にはプレッシャー以外の何物でもありません。

「俺はこんなに好きなのに、あの子は全然連絡をくれない。」「寂しい」などの女々しい行動は女性の気持ちをドン引きさせてしまいます。

まとめ

いかがでしたか?今回は、4つの復縁タブー行動についてお話ししてみました。

どれもついついやってしまいがちな行動ですね。どの行動にも共通する事ですが、自分の気持ちを相手に押し付けることは復縁には最もタブーとされている行動です。

相手の心を動かすには時間が必要です。その時間も人によりまちまちです。

別れた後は、しばらくそっとしておくという復縁の鉄則はそれを考えるとあながち間違っていない事が解っていただけるでしょう。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

女性心理復縁テクニック

女性心理を活用した復縁テクニック初級編

復縁を成功させるためには、女性の心理を知っておくことが大切です。 そもそも、男性と女性は考え方が全く違うため、男性自身「良かれ」と…

ページ上部へ戻る