【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

今まで復縁できなそうだけど、自分のどこが悪い?

今まで復縁が一度も成功した事がないという貴方。

それは、貴方の復縁のやり方に問題があるのかもしれません。

間違った方法をいくら必死に続けていても無駄骨を折るだけ。いつまでたっても復縁なんてできるわけがないのです。

絶対に復縁を失敗させないために、貴方がやりがちな失敗を一緒に見つけていきましょう。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

ダメな自分を認めることができない人

恋愛において、どちらが悪かったという事は絶対にありえません。例え相手が浮気をしていたとしても、浮気をする原因を作ったのは貴方なのです。

別れた事をいつまでも相手のせいにして、責め続けるような態度を取る人。

こう言う人は、復縁をいつまでも成功させる事ができない人といえます。自分の悪かった所をしっかりと反省できてこそ、次のステップに進めるのです。

せっかちですぐに結果を求める人

せっかちで結果を求める人
復縁がうまくいかない人の共通点に、せっかちで、すぐに結果を求めたがる人というのが上げられます。

復縁はマラソンと同じです。長い道のりをペース配分を考えながら走りきらないと成功しないのです。せっかちな人は、すぐに結果を求めようとして強引な策を取り続けたり、相手の気持ちを考えずメールや、電話責めにしたりしてしまいがち。

相手の気持ちを考え行動する事ができないと、復縁は絶対に成功しません。

人の言う事にすぐ左右される人

人の言うことに左右される人
復縁は、自分の事を信じて進んで行くしかありません。

友人のアドバイスや、占いなどにすぐに左右されてしまう人は、復縁を上手に進めていくことができません。人の言う事にすぐ左右される人は、その人が言った言葉を信じ行動を起こしますが、結果がついて来ないとすぐに愚痴を言ったり、アドバイスをしてくれた人のせいにしようとします。

人のせいにする事はとても簡単で楽な事ですが、それは自分を見つめていないのと同じ。いつまでたっても、成長できません。

復縁を成功させるためには、自らの意思で進んで行く事がとても大切になります。

執着心や嫉妬心が強すぎる人

執着・嫉妬心が強い人
嫉妬や執着心は、恋愛にマイナスな要素しかもたらしません。それは、自分の気持ちを相手に押し付けてばかりいる、わがままな子供と同じ。

相手に好きな人や、恋人が出来てしまい別れに至るケースもあるでしょう。

そんな時、相手に対し、その恋人の悪口を言ったり、自分の嫉妬心をぶつける事で相手の気持ちは余計離れていってしまいます。そして、たちが悪い事に、嫉妬心をぶつければぶつけるほど、自分は相手の事ばかり考え余計に気持ちが深くなっていくのです。

それは自分の首を自分で締めているのと一緒。負の連鎖に陥る前に自分の嫉妬心と向き合う必要があります。

自分の気持ちを最優先させる、あるいは頑固な人

自分の気持ちを優先させる頑固な人
自分のわがままを最優先させたり、自分の気持ちが軽くなる事だけを考えて行動する人は、復縁がうまくいかないことが多いです。

「こんなに真っ直ぐに気持ちを伝えているのだから、分かってくれない方がおかしい」というような考え方をする人は要注意です。

自分の気持ちなんて復縁には必要ありません。相手がどう思うかですべてが決まってしまうのです。自分の考えだけを相手に押し付けるようなやり方では復縁はいつまでたっても成功しないのです。

まとめ

いかがでしたか?復縁を望む時にやりがちな失敗を5つ書いてみました。

もしかすると、貴方にも思い当たる節があるかもしれませんね。

今ならまだ間に合います。相手の気持ちが完全に離れきる前に、自らの行動を見つめ直し間違った復縁の方法を改善して行く事が必要です。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

どのくらいの冷却期間で相手とヨリが戻せるのか

どのくらいの冷却期間で相手とヨリを戻せるのか

付き合っている彼女と気まずくなってしまった、あるいはほとんど別れた状態になってしまっている場合には、冷却期間が必要なこともあります。 …

ページ上部へ戻る