【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

ケンカ別れした元カノと復縁する心得

ケンカ別れした元カノと復縁の心得

別れ方は百態。

付き合い方にもいろんな形があるように、別れ方にもいろんな形があります。

物を投げあうような派手な喧嘩をして別れるカップルもあれば、喧嘩も言い争いもせず、何年も仲良く付き合ってきたのに、ある日突然一方から別れを告げられて別れるカップルもあります。

夫婦でもそうです。喧嘩ばっかりしていても、離婚はせず、晩年はそれなりに仲良く過ごす夫婦もあれば、ずっと仲良く暮らしていたのに、熟年になってあっさり離婚する夫婦もいます。

人間様々、男も様々なら、女も様々なんです。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

ケンカ別れの復縁への効果

大ゲンカカップル

意外なようですが、友達でも、恋人でも、そして夫婦でも、大ゲンカして別れたほうが、後から復縁するケースが多いのです。

考えてみれば当たり前かもしれません。喧嘩も言い争いもしないカップルというのは、よほど二人の相性が良いのでない限り、どちらかが(あるいは、どちらも)言いたいことを我慢している場合が多いのです。そしてその場合、積もり積もったものが噴出し始めると、後戻りできないほどに関係が変わってしまいます。

特に、長年愚痴も言わずに彼氏のわがままに耐えてきたおとなしい女性が思い切って別れを告げてきたときは、かなりの覚悟があると思ったほうが良いです。

そうしたケースでは、どんなに男性側が復縁を求めても、女性がまったく応じてくれないことが多々あります。なかには、別れを決意するに至った原因さえ話してくれず、訳が分からないままに「さよなら」されてしまうケースもあります。

「胸に手を当てて考えればわかるはず」などといわれても、途方に暮れるばかり。何も文句を言わず耐えてくれる彼女が、実は怒らせると一番怖いのです。

大ゲンカの後の心得


その点、大喧嘩をして別れた場合は、原因がはっきりしています。

また、喧嘩は最良の浄化作用をもたらしてくれます。言いたいことを言いつくしてしまうと、誰でもある程度すっきりするものです。冷静になって、喧嘩の原因を取り除くことができれば、仲直りは難しくありません。

ただし、気を付けないといけないのは、いくら喧嘩のときでも、言っていいことと悪いことがあるということ。相手がふれてほしくないことには、どんなに腹が立っているときでも触れないように気を付けることが大切です。もし、勢いで相手を根本的に否定するようなことを言ってしまった場合は、他のことはともかく、それだけは頭を下げてしまいましょう。

その点さえクリアすれば、あとは、タイミングを見計らうだけです。

ただ、これも、相手の性格をよく見ておかないといけません。自分のほうは翌日にはすっきりしていても、相手はまだまだ怒っている場合は間々あります。

そのあたり、長く付き合っているカップルなら、彼女が機嫌の悪いときにでる癖や顔つきで判断できるはずです。歩き方、話し方など、普段から気を付けて観察しておくと、いざというときに役立ちます。

”備えあれば、憂いなし”ですよ。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女と自分から別れたのに後悔、そんな時の復縁方法

その人の大切さって、別れた後で気がつくことが多いんですよね。 一緒にいると見えなかった暖かさが、離れると身にしみてしまう、特に男性にそ…

ページ上部へ戻る