【無料】小野田ゆう子先生の復縁メール相談受付中です

もし復縁に失敗したら

もし復縁に失敗したら

復縁に成功した人は読まないでください。

復縁に一度失敗した時、貴方はどう考えますか?

「もう終わりだ」と思ってあきらめる人は、その彼女との関係はそこまでだと思って割り切っていける人でしょう。

しかし、「終わりだ」と思ってもまだ、希望を捨てきれない人も絶対に居るはずです。

大丈夫!あきらめなくても良いのです。

今回は、復縁に失敗した人に向けて、もう一度復縁をやり直す方法をお教えします。

【メールにて無料の復縁・恋愛相談受付中】

何食わぬ顔をして次のチャンスを待つ

次のチャンスを待つ
失敗していちいち落ち込んでいたら、復縁なんてできません。

本当に彼女を手に入れたいのなら、自分の希望の灯火が最後の最後に燃え尽きるまで必死で食らいつくことが大切です。

復縁は、スポ根と一緒。諦めたらそこで試合終了なのです。

彼女に「復縁は無理」と言われた貴方は、素直に「無理なんだ」と落ち込んでいるかもしれませが、それは「今は無理」という事であって、この先ずっと無理なわけではありません。

生きている限り、絶対に不可能な事はないのです。

落ち込んで悲しくなるより、復縁が失敗したけど何か?くらいの何食わぬ顔をして、また、1からのアプローチを始めてみてください。女性は、男性の熱意にはめっぽう弱いのですから。

失敗した原因を探ろう

失敗した原因を探る
次に貴方がしなければいけないこと。

それは、一度目の復縁の失敗の原因がどこにあるのかを探ることです。同じ石には2度つまづかないようにしなければいけません。

多くの復縁失敗の原因は、相手の心地よいタイミングに合わせて連絡を取ることができなかった。また、心地よい内容のメールが送れなかった。これに尽きるのです。

相手がまだ復縁するという心の準備が整っていないうちに、熱いアプローチをしても相手にとっては迷惑なだけ。

復縁や、やり直したいなどのキーワードを絶対に入れずに何気ない会話を一方的に送る。会社で活躍した、金銭的な余裕があるなどの相手にとってのプラス面を、あくまで独り言のようにメールするのがポイントです。

彼女が本当に嫌だった貴方のダメポイントを知ろう

自分のダメポイントを知る
復縁したい貴方の気持ち。それは、彼女も十分すぎるくらいわかっているはず。

しかし、何故復縁をOKしてくれないのか。

それは、彼女にとって貴方が嫌な存在、心地が悪い存在だからです。

彼女が貴方と別れてしまった原因をしっかりと追究し、解決策を考える事をしていないと復縁は再び失敗に終わるでしょう。

彼女が好きだと思う男はどんな男なのか、それは女性の性格によって違いますが、ステータス重視の女性なら、貧乏な貴方が嫌になったのかもしれませんし、スマートな男性が好きな女性なら、貴方の運動不足で飛び出してきたお腹が生理的に受け付けなかったのかもしれません。

彼女の本当に嫌だった、貴方のダメポイントを改善することは、復縁を必ず成功させる絶対条件なのです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は、復縁が失敗に終わった時から再スタートを切る貴方に。3つのアドバイスを書いて行きました。

復縁は、復縁したい側の気持ちが切れたらそこで終わりになります。

気持ちがさめてしまった相手が、再び自ら貴方を好きになり、逆アプローチをしてくる事なんてまずないからです。

と言う事は、あきらめなければチャンスは必ずめぐってくるという裏づけでもあるわけです。

何度でも、諦めず、復縁の正しい方法を繰り返し行うことで、彼女ともう一度寄りを戻すことができるのです。

一人で抱え込むと悩み続けるだけで解決へたどり着くことは無い

一人で延々と悩み続けるだけでは、本当の解決へたどり着くことはありません。
状況を冷静に判断できる経験豊かな専門家へ相談することで、あなたの考え方と行動の幅が広がって、"解決への新しい糸口"が見つかるものです。

復縁・恋愛専門家として著名な小野田ゆう子先生のメール相談は、今なら初回お試し無料で1度だけのご利用でも大丈夫です。

今ならまだ間に合います。あなたのこの行動がきっかけで、悩むだけの毎日を終えることができるようになります。

>>無料メール相談の流れと詳細を見る

>>今すぐ無料メール相談を申し込む

※女性のお申込み・詳細はこちらから宜しくお願い致します。

※申し込みされた場合は、自動返信メールをチェックすることで、無料受け付け完了となります。

ピックアップ記事

彼女から別れを切り出された時の対処法

彼女から別れを切りだされた際の対処方法

彼女から別れを切り出された場合、その恋愛はもう終わってしまうのでしょうか? 実は別れを切り出されただけでは、まだ何も終わっていません。…

ページ上部へ戻る